11/15(木)green drinks Shibuya「シブヤの勤労を考える」

こんにちは!スタッフのけんちゃんです。

2017年5月からグリーンズはオフィスを構える渋谷区を舞台に「これからのシブヤ」を考える「green drinks Shibuya」をほぼ毎月開催しています!同じく渋谷に本社のあるパートナーボッシュ株式会社が運営するcafe 1886 at Boschが会場です。今回は第16回目の開催のお知らせです!

【今月のテーマは、「シブヤの勤労」を考える】

ここ数年で、兼業や副業、フリーランスやコワーキング、テレワーキング、プロボノ、育児休暇など、国や自治体、企業、NPOなどの様々なセクターの取り組みにより、多様な働き方ができるようになってきました。そんな働き方改革の波に乗って、働きたい様に働くという人達は増えてきています。

しかしその一方で、その選択の自由さに、逆に不自由さや難しさも潜んでいます。例えば転職しようとする場合には、転職サイトやイベントで希望の会社を探して、応募して、面接して…と複数の行程を踏まらなけばなりません。「とてもハードルが高くて、自分には出来ない」と感じて断念したことがある方も少なくないのではないでしょうか。

「働き方を変える」と言うと、大変なことの様に聞こえます。しかし、一度に全ての労働環境を変えるのではなく、「働き方の一部」を変えてみることで、理想に近づける場合もあるのではないでしょうか。新しい叩き方を実践されている方々のお話を聞いたり、在宅勤務の日はコワーキングスペースで働いて、職場以外のネットワークを広げたり、休みの日にスキルを活かしてプロボノに参加してみたり…。小さな一歩でも、あなたの働き方は変わっていきます。

今回のgreen drinks Shibuyaでは、そんな新しい働き方を取り入れる支援をされている5組のゲストの方々お越しいただきます。ゲストや参加者の方々との「シブヤの勤労」に関する対話を通して、皆さん自身の「これからの勤労」について考えてみませんか?

実はこのgreen drinks Shibuya開催後にも、11/17(土)~11/25(土)の一週間にわたって、新しい働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」が開催されます!「勤労に、感謝を。」というテーマの下、超豪華ゲストによるトークイベントが実施される、「新しい働き方」や「未来の会社」について考える開かれた場です。
今回はその前夜祭として、皆さまが自身の働き方について考えはじめるきっかけをご提供できれば幸いです◎

【今月のゲスト】
のべ2万人を超える参加者が集まる、新しい働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」オーガナイザーの横石崇さん。
ツクルバの新しいコワーキングスペースco-ba jinnanを運営する神南BOYZこと荻野高弘さん&吉田民瞳さん。
NY発のワークスペースのグローバルネットワークWeWorkのWeWork新橋のコミュニティスタッフである竹田文香さん。
子育てしながら安心して働けることを目指し「Loco-working」を運営するNPO法人代官山ひまわり代表の森田由紀さん。
プロボノに取り組みたい人とNPOや地域団体とのマッチングを行っているNPO法人サービスグラントの岡本祥公子さん。

 

【green drinks Shibuyaとは?】

イラスト:Maiko Nishikoji
撮影:nD inc. / Ayako Hiragi

green drinks Shibuyaは「これからのシブヤ」をテーマに、ほぼ毎月第三木曜日に開催している飲み会イベントです!

大きく変わりゆくこの街の中で、渋谷にまつわる多様な人が集まり、「これからのシブヤ」について考えたり、アイデアを出し合う機会があったら、なにか新しいコトが生まれそうではありませんか?
現在の仕事や肩書に囚われず、渋谷に関わる一個人としてトークや交流が生まれる場になることを目指しています!

毎回、冒頭では最近の渋谷のディープなニュースをシブヤ経済新聞の編集長の西 樹さんが紹介するコーナーがあります。
また、渋谷に関わる活動をしている人のために、活動を紹介する場も設ける予定です◎

ぜひ、みんなで一緒に「これからのシブヤ」についてお酒でも飲みながら話しませんか◎

参加者、ゲストが混じっての交流の時間がとても盛り上がりました。

最後にgreen drinks Shibuyaの参加者で集合写真。

イベント概要

green drinks Shibuya
「シブヤの勤労を考える」

 

【日時】
11月15日(木)
19:00〜21:30
※トークセッション、グループワークは19:30-21:00です

 

【会場】

café 1886 at Bosch(東京都渋谷区渋谷3丁目6-7)
JR渋谷駅より徒歩5分
Google Map

【定員】
60名

【参加費】
一般チケット 2,000円(ワンドリンク、軽食付き)
一般チケット(※早割) 1,700円(ワンドリンク、軽食付き)
学生チケット 1,500円(ワンドリンク、軽食付き)
greenz peopleチケット 1,500円(ワンドリンク、軽食付き)

※早割は2週間前まで利用可能です(限定20名)

【お申込み】

申し込みはこちら!


グリーンズのイベントでは事前決済をお願いしています

Facebookのイベントページで随時情報を投稿するので、こちらもチェック)

【スケジュール】
19:00 開場&受付開始、交流タイム
19:30 スタート/ゲスト紹介
20:00 グループワーク
20:30 交流会
21:30 終了

【ゲスト】


横石 崇さん(よこいし・たかし)
Tokyo Work Design Week オーガナイザー/& Co.代表取締役
NHKなどで「若者がつくる未来」の象徴として取り上げられた、のべ2万人を越える参加者が集まる、新しい働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」代表。1978年生まれ、多摩美術大学卒。テレビ局・新聞社・雑誌社・ポータルサイトなど様々なメディアサービスにまつわる新規事業開発を手がけるほか、企業の組織開発や人材育成に携わるなど、様々な場の編集に携わる。「六本木未来大学」講師を務めるなど年間100以上の講演やセミナーを実施。鎌倉にオープンしたコレクティブオフィス「北条SANCI」のプロデュースおよび支配人。編著に「これからの僕らの働き方 〜次世代のスタンダードを創る10人に聞く〜」(早川書房)。

 


荻野 高弘さん(左:おぎの・たかひろ)
ツクルバ co-ba jinnan運営者
1991年新潟生まれ。千葉大学に入学し建築を学ぶ。2012年から1年間放浪の旅をし、自らの手でつくる空間や暮らし方に興味を持ち、帰国。その思いを深めるため、2015年から東京工業大学大学院に入学。「人が自分の場所をどうつくるか」という視点でスモールエリアのまちづくりを研究し、修了。研究のテーマは、廃材や古材を利用した場のつくり方について。2017年4月より、新卒で株式会社ツクルバ入社。現在はSWP事業部で、co-ba shibuya及びco-ba NETWORKの企画運営に邁進している。インタビューはこちら
吉田 民瞳さん(右:よしだ・たみお)
ツクルバ co-ba jinnan運営者(右)
1991年金沢生まれ。建築家を志し、東京工業大学に入学。人がどのように空間を経験し、認識するかという興味から社会工学を専攻。他者や公共性への興味と「悪の凡庸さ」という言葉に魅了され、ハンナ・アレントに傾倒、仕組みの中から意味が発生する構造に興味を持つ。2016年4月にチームラボ株式会社に入社、カタリストとしてプロダクトのディレクションや社内外のプロジェクト進行を担当。2018年8月より、株式会社ツクルバのSWP事業部にて、co-ba jinnanの立ち上げプロジェクトに参画。


竹田 文香さん(たけだ・あやか)
WeWork新橋 コミュニティスタッフ
1990年愛媛県生まれ。名古屋大学にて情報工学を学び、新卒後は日立製作所のシステムエンジニアとしてスマートシティ実証実験のプロジェクトに携わる。より人に近いまちづくりに興味をもち、ビルマネジメントの会社に転職。副業でシェアハウスの運営をしながら民泊を広める活動を継続。2018年2月にWeWorkコミュニティスタッフとして入社後、立上げを経験し、現在はWeWork新橋を担当。事業拡大に向けた社内整備に日々奮闘中。公私ともにDo What You Loveな人生を目指している。


森田 由紀さん(もりた・ゆき)
NPO法人代官山ひまわり代表・2児の母
旅行会社、イベント会社の企画営業・広告 PR・プロモーション業務を経て、結婚を機に渋谷区民となり、新住民の目線から街に課題を感じて、2011年に起業。「子育て世代が街の担い手に」をテーマとして、「暮らすとはたらくをつなげる」コミュニティづくり「Loco-working事業」に取り組む。渋谷男女平等・ダイバーシティセンター運営委員、グリーンバード代官山チームサブリーダー、渋谷のラジオ恵比寿エリア木曜日ナビゲーター。


岡本 祥公子さん(おかもと・さよこ)
サービスグラント
映像、ゲーム、ウェブ、広告などクリエイターに特化した人材会社にて、企業とクリエイターのマッチング業務に従事。サービスグラントのNPO法人化にあたって、週末ボランティアとして参加を始め、2009年より専従スタッフ。国内初のプロボノを冠としたイベント運営の他、2012年より関西の事務局展開に寄与。現在は、東京および関西両エリアにおいて、プロボノワーカーのリクルーティングや企業・行政等との協働プロジェクトの運営などを担当。一児の母。greenz.jpでも取材させて頂きました!

【司会】

植原正太郎(うえはら・しょうたろう)
NPO法人グリーンズ/greenz.jp コミュニティエディター
88年、仙台生まれ。大学卒業後、WEBマーケティング会社を経て、2014年10月よりグリーンズにスタッフとして参画。「greenz.jp」の寄付読者制度「greenz people」を担当し、日本初の寄付型メディアづくりに挑戦中!ライフワークとして、東京の武蔵小山で「風邪で倒れた時にお粥を届けあう」助け合いの地域コミュニティづくりに励む。

【主催】
NPO法人グリーンズ、ボッシュ株式会社

【パートナー】
シブヤ経済新聞

お願い
・peatixにて事前決済にご協力おねがいします!
・当日キャンセルは受け付けておりませんので、ご了承ください。
・会場にはクロークがございません。おそれいりますが各自お手荷物は管理くださいませ。
・困ったことがありましたら、何でもスタッフにおたずねください。話す人が居ない…でもOK!

申し込みはこちら!

green drinks とは!
green drinksは、ニューヨークやハワイ、中国からボツワナまで世界の800都市以上で開催されているグリーンやエコをテーマにしたパーティ。日本でも100箇所以上で開催されています。グリーンズは東京のオフィシャルオーガナイザーとして、不定期でgreen drinks Tokyoを行っています。

撮影:nD inc. / Ayako Hiragi

クリエイター、NPO/NGOのリーダーやソーシャルアントレプレナー、各分野のクリエータから企業の環境・CSR部門などでバリバリ活躍中の方々まで、日本のこれからのキーパーソンがわんさか集まります!おひとりでも大勢でも、お誘い合わせの上遊びにきてください!

green drinks Shibuyaが生まれたきっかけ
green drinks Shibuyaのはじまりは、渋谷区主催の「渋谷をつなげる30人」プロジェクトです。渋谷区の地域課題を、企業・行政・NPO・市民など様々なセクターから集まった30名がクリエイティブなアイデアで解決していく、まちづくりプロジェクト。そこで出会ったグリーンズとボッシュが、お互いのリソースを持ち寄って、「これからのシブヤ」を考える場づくりをすることになりました◎

渋谷をつなげる30人:Facebookページ

申し込みはこちら!