9.19 gdShibuya「サステナブルなビジネスの現在地」

greenz people ロゴ

ポットラックにもぴったり。オーガニックな素材でできるファストフード的「コールスローサラダ」のつくりかた

「野菜が体にいいのはわかるけど、料理するのはめんどくさーい」という意見をよく耳にします。また、ファストフードがヘルシーじゃないのは分かっていても時々無性に食べたくなる! という人も多いかもしれませんね。

そこで、つくり置きができて、ファストフードで食べたあの味だけどヘルシーな、「コールスローサラダ」のレシピをご紹介しましょう。

お野菜たっぷり!ポットラックに持参するのもオススメ

材料は、

・キャベツ(小)1/2個
・人参 1本
・きゅうり1/2本
・塩 小さじ1
・メープルシロップ 大さじ1
・お酢大さじ1
・マヨネーズ大さじ2


といったところ。調味料は未精製のおいしいものがおすすめです。”つゆだく”サラダがお好みの方は調味料を倍増してくださいね。

つくり方はいたって簡単! まずは野菜は全て千切りにします。小さめで揃っていると見た目にも食べやすさのためにも良いので、人参やきゅうりはスライサーで薄くしてから刻むのがオススメ。

刻んだお野菜を全部ひとつのボウルにまとめたら、塩を和えてよく揉みます。15分ほど置いて野菜から水分を出したらしっかり搾りましょう。さらにキッチンペーパーやさらしで表面を軽く拭くようにし、水分をていねいに取ると保存も違ってくるので忘れずに。

あとは調味料を合わせるだけです。先に調味料類をよく混ぜ合わせてから野菜と合わせ、全体的に合えたら冷蔵庫で30分は置き、味をなじませればOK! 最後の微調整に塩コショウなどお好みでどうぞ。

さぁ、おとなもこどもも大好きな、あのコールスローの味に仕上がりましたか?

冷蔵庫で4〜5日は日持ちするので、食事のときは盛り付けるだけで付け合わせが増えるし、忙しい朝はパンに挟めばお野菜たっぷりの即席サンドイッチになるし、レンチンしたじゃがいもを潰して混ぜたらおいしいポテトサラダにもなります。

「買わないと手に入らない」と思っていたものが簡単に自作できたら、それは立派なライフハック! オーガニックや野菜料理といった概念にとらわれることなく「やってみたら簡単だった」という実感を重ねて、身近な人と楽しくおいしい時間を増やしていきましょう。