まなぶ × つくる × かんがえる、グリーンズの学校

greenz people ロゴ

危機ではなく、幸せを生み出す経済へ! ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんと辻信一さんが訴える、「しあわせの経済」ムーブメントへの参加。

グリーンズもサポートする、ローカリゼーションについての国際会議「しあわせの経済」世界フォーラム 2017が開催されるまで、いよいよあと1ヶ月! グリーンズメンバーの多くが「このイベントはヤバい!」「絶対行かなきゃいけないやつだ‥‥!」と注目しています。

greenz.jpでも、フォーラムの陣頭指揮をとる辻信一さんへの取材を行ったり、来日されるゲストのみなさんとの取材調整を進めたり。当日に向け、ワクワクする準備を進めています。

とはいえ、そもそもローカリゼーションって何?
なんでグローバリゼーションじゃダメなの?
本当にローカル経済が幸せを生み出すの?

そんな疑問をお持ちの方も、いらっしゃるかもしれません。そこでgreenz.jpでは以前にも、フォーラムを主催するヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんへのインタビューや、2分で分かるローカリゼーションについての動画『ローカルで行こう!〜地域からはじまる好循環』をご紹介してきました。

今回は、いよいよ迫ったフォーラムに向けて、ヘレナさん、そして実行委員会呼びかけ人代表の辻信一さんからのメッセージをご紹介します。ふたりからのメッセージを受け取って、ぜひ当日、フォーラムに足を運んでみてください。

ヘレナさん 毎日、新聞などのメディアが新たな危機を報じます。気候変動、テロ、失業、貧困。それら膨大な情報量に私たちは圧倒され、自分の無力さに希望を見出だせない人も多いでしょう。

しかし、世界をより大きな構図(=ビッグ・ピクチャー)で捉えれば、この地球上で起きていることの本質を見抜き、大地とより密接に生きることができます。

ビッグ・ピクチャーが示すのは、様々な危機が根底では関係しあっていることです。世界各地でそのことに気づいた人たちが、「何かを始めよう」と実際に行動に移しています。

共通するテーマは、つながりの再構築。自治機能やコミュニティ、そして自然とのつながりを取り戻そうと、ローカル経済を草の根から盛り上げ、もうひとつの道を具体的に示そうとしています。

「しあわせの経済」世界フォーラムに集いましょう。この動きについて、より学びを深め、日本のローカル経済運動をみなで応援するのです。

辻さん 大企業中心のグローバリゼーションの時代は、すでに終焉を迎えていると思います。それに代わるローカル経済の時代、しあわせの経済の時代が始まっています。

みなさん、この世界中で起こっているうねりに参加してみてください。「しあわせの経済」世界フォーラムは世界中で開催されてきましたが、いよいよ日本で初めて開催されます。そしてアジアを中心に、世界各国からゲストに集まって頂き、「世界フォーラム」として行うのです。

ぜひみなさんに東京でお会いしたいと思います!

– INFORMATION –

「しあわせの経済」世界フォーラム 2017 – Local is Beautiful!

11月11日(土)、12日(日)に、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんが提唱する、ローカリゼーションについての国際会議「Economics of Happiness Conference」が東京にやってきます。ヘレナさんはもちろん、「シューマッハ・スクール」のサティシュ・クマールさんや、地域通貨の先進事例を行ったブリストルの元市長であるジョージ・ファーガソンさんらの来日も決定。greenz.jpもメディアパートナー・実行委員会メンバーとして参画します!
http://economics-of-happiness-japan.org
http://20171111.peatix.com