読者のみなさんにお願いです。greenz.jpを寄付でサポートいただけませんか?

greenz people ロゴ

便利で楽なだけじゃない! キャンプに最適なポップアップテント「CINCH!」で感じる、太陽のありがたさ。

夏真っ盛り。花火大会に夏祭り、海水浴、肝だめしなど、さまざまな行楽を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。まだまだ残暑も長く続きそうですが、これから涼しくなるとキャンプに最高のシーズン。友だちや家族と、自然のなかで楽しむひとときは非日常感であふれていますよね。

とはいえ、アウトドア慣れしていない人にとって、キャンプって少しハードルの高さを感じるのも事実。バーベキューのための火の起こし方や、テントの組み立て方など、熟知した友人知人が身の回りにいれば心強いのですが・・・

キャンプをもっと多くの人々が気軽に楽しめるようになればいいのに。そんな思いで生まれたポップアップテントをイギリスに見つけました。その名も、「CINCH!」。

なんとこのテント、誰でも気軽にあっという間に組み立てられるだけでなく、大自然の恵みも感じられるというのです!

まず、なぜ「CINCH!」は誰でも簡単に組み立てられるのか、ご紹介しましょう。
下の映像に注目! ご覧の通り、袋からテントを出し、広げて地面に置くだけで自動的にテントの形になってくれるんです。


0:30ごろに注目!

気軽さが売りの「CINCH!」ですが、アウトドア生活を快適にしてくれるオプションも充実しています。

夏のキャンプでは、テント内の暑さが気になりますが、日光を反射してくれる覆いがあれば、暑さ対策はバッチリ。涼しいだけでなく、眩しい日の光で朝に起きてしまうことも防いでくれます。

黒のキャノピーでテントの天井部分を覆うことで、涼しさを確保できます

キャンプで使う電化製品は太陽の力で

仲間と過ごすキャンプのひととき、電気は欠かせないですよね。みんなで音楽を聴いたり、スマートフォンやタブレット、デジタルカメラの充電など。「CINCH!」は、付属するソーラーパネルをテントの屋根に設置し、ポータブルチャージャーに接続すると、みなさんがお使いの電気製品を充電することができるんです!

上級者の中には発電機を持参する方もいるかもしれませんが、せっかく自然あふれる場所で過ごす非日常の時間なのだから、太陽の恵みが感じられる、環境に配慮したエネルギーを体験したい。そんなニーズに見事、答えてくれるのです!

一番後ろの黒いものがソーラーパネル

広げてテントの天井に設置し、緑のチャージャーとつなぐ

「CINCH!」を開発したのは、イギリス人のJake Jackson(以下、ジェイクさん)。

音楽フェスでの野宿や週末キャンプが好きなジェイクさんは、自分自身も長らく、使い勝手の良いテントを探していたのだそう。しかし、なかなか見つからない。やがてジェイクさんは、自分の理想のテントが見つからないなら自分でつくろうと決意します。

テントはお金をかけることなく、キャンプを常に快適に、面白くするべきだ。設営に時間がかかったり、不便を強いたりするんじゃなくてね。

ジェイクさん

2009年に開発をスタート。2014年に「Kickstarter」でクラウドファンディングを行い、最初のモデルを発表しました。そして2016年、2回目のクラウドファンディングに挑戦するとともに、今回ご紹介した最新モデルを発表。キャンペーンには、最終的に目標額の10倍以上にも及ぶ支援が集まったそう!

現在はイギリスに本社を置き、アメリカに運送拠点、オーストラリアに姉妹会社を持つなど、世界中のアウトドア好きに「CINCH!」を販売。日本でも、「rakunew」で取り扱いがある様子(8月9日現在、在庫切れ)

誰でも簡単に使えることでキャンプへのハードルを下げるだけでなく、太陽光エネルギーを体験することもできる「CINCH!」。ソーラーパネルで「発電できたかな・・・?」というドキドキした時間が、普段自宅で電気を当たり前のように使う暮らしを見つめ直し、太陽のありがたさに気づく機会になりそうですね。

[via CINCH!,INDIEGOGO,KICKSTARTER,rakunew, YouTube]

(Text: 菅原沙妃)