greenz peopleって知ってる?ほしい未来をつくる仲間たち募集中!

greenz people ロゴ

簡単に分かってしまうものは、つまらない。greenz.jp 副編集長がコーネリアスの新作を聴いて気づいたこと。

世界トップクラスの音楽家で、次にグラミーを手にする日本人。そう僕が信じてやまないのが、小山田圭吾である。

彼のソロプロジェクト、コーネリアス(Cornelius)の実に11年ぶりの新作『Mellow Waves』が先日発表された。


『いつか / どこか』

コーネリアスといえば、国内外で高い評価を受けた国宝級名盤『Point』や『Sensuous』をご存じの方も多いかもしれないが、この2枚に収められた曲は革新的なものばかりで「こんな音楽、聞いたことがない!」「これは人生観が変わる音楽だ!」と、最初に聴いたときから驚かされた。

しかし、そんな狂気や音響実験が満載で、最初から興奮させられた2枚と比べると、今回のアルバム『Mellow Waves』は以前のテクニックを応用したような、少し地味な印象。正直、最初は「今回はピンと来なかったかも」とさえ思った。

でも次第に、何度も聴いていったら、だんだん自分の心にしみてくる感覚を覚え始めた。

他の追随を許さない、とても巧みな音響デザイン。(特に『Mellow Yellow Feel』のギター音の配置!)
それに絡み合うメロディーとギターソロ。(特に『あなたがいるなら』のギターソロ!)
小山田圭吾の声の美しさ。(特に『夢の中で』の温度感が低いけどほっこりする声!)

僕もgreenz.jp副編集長として仕事をする傍ら、こそこそと音楽活動をしているけれど、他の誰かの作品とまったく似ていない、その人にしかつくれない音を出せるようになるのは、とても難しい。現に僕は全然できていないし、そもそも日本でそれをクリアできている音楽家って、すごく少ないのではないだろうか。

そんな表現者としてすごく難しいことを、まるで小山田圭吾が颯爽とやっているように響くこのアルバム。音楽だけでなく、何かを表現し伝えることに勤しむ人びとには、ぜひ聴いて感じてもらいたい。


『あなたがいるなら』

それにしてもこんなに良い作品、なぜ最初は「ピンと来ない」と思ってしまったのだろう?

それはきっと最初「何か新しい音響実験をやってるか?」というフィルターがかかった耳で聴いてしまい、きちんと全体像を捉えることができていなかったから。そう反省した。その反省とともに僕が気づかされたのが、「何度も聴いていくから分かる」という、じっくりコンテンツを味わうことの大切さである。


『夢の中で』

受け手が簡単に分かってしまうものは、つまらない。
受け手にさまざまな思索を巡らせ、反芻させ、友人との会話のきっかけをつくる作品こそ面白い。
コーネリアスの新作を聴いて気づかされたのは、そんなことだった。

極論、ファーストリアクションに違和感があるぐらいのほうが、社会や暮らしをアップデートできるのかもしれない。なぜなら、人びとに、その領域の未来を想像させるから。すぐ分かってしまうものって、斬新さがないことの証である場合も多い。

じっくり向き合うことが求められる作品がいっぱいあふれていて、みんながそれを受け取って味わって楽しんで考える。そういう状況が生まれれば、きっと未来は明るい。
だからこそ、表現者の社会的役割って、すごく大きいんだよ。表現者は素敵な未来をつくるために、いっぱい増やさなきゃいけないんだ。

もちろん、受け取る方のマインドセットも大事。
何度も反芻したくなるものに出会いに行こう。簡単なものに逃げないように。そして最初の感想で、その作品の内容を決めつけず、じっくり時間をかけて解釈しながら、自分に染み込ませていこう。

『Mellow Waves』に刺激を受けた僕は、今年の後半戦、greenz.jp副編集長として、2kai Productionsのミュージシャンとして、今まで以上にコンテンツ制作において「表現」を深めていこうと決意した。コーネリアスがこんなに素晴らしい新作を出したのだから。精進し、少しでも追いつかないと。

– INFORMATION –

【グリーンズの学校】4時間のクラスと宿題で、あなたの作文力が劇的に変わる。greenz.jp副編集長が教える「グリーンズ作文の学校 1DAY編」、9月30日開講!


あなた自身が今展開している、面白いマイ・プロジェクト。
あなたの街で今起きている、面白いまちづくり事例。
あなたが共感して入社した会社の取り組みやビジョン。

もっと多くの人々に伝えたいけれど、なかなか伝わる文章にすることができない。そんな方に、オススメしている「作文の学校」ゼミ。受付後すぐに満員御礼になるほど好評なクラスです。

その全6回で構成されるゼミクラスの中から、「美味しいところ」だけをつまんで4時間に凝縮した1DAY版を開講することにしました!
http://greenz.jp/event/sakubun_09302017/