\いまだけ入会特典/ People’s Books バックナンバープレゼント

greenz people ロゴ

オフィスのスキマを有効活用したい。空きスペースのマッチングサービス「ShareDesk」を使って、空間の転用をしてみました!

odpce
実際にリノベーションしたオフィス

この記事はグリーンズで発信したい思いがある方々からのご寄稿を、そのままの内容で掲載しています。寄稿にご興味のある方は、「採用について」をご覧ください。

みなさんは、普段仕事をしているオフィスで、同僚がやめて机があいてしまったり、オフィスの配置を変えたらスペースができたということはありませんか?

とはいえ、空きスペースを有効活用したいと思っても、「利用したい!」と思う人とつながる機会って、なかなか少ないもの。

そこで、今回は「空きスペースを有効活用したい!」という人と、そのスペースを利用したい人をつなげるマッチングサービス「ShareDesk」をご紹介します。
 
sharedesk1

「ShareDesk」って?

「ShareDesk」とはビルオーナーやオフィスの空きスペース、空きデスク、会議室、ミーティングスペースをウェブサイトに登録して、FacebookやLinkedin経由で利用希望者に貸し出す画期的なシステム。

たとえば東京で検索してみると、20件ほどのコワーキングスペースが見つかります。2012年にベータ版の運用が始まり、2013年7月に公式に運用が始まったばかりの新しいサービスです。すでに登録数は65か国、1500か所となっています。
 
sharedesk2

sharedesk3

ウェブサイト上で借りたい場所を検索すると、上記のようにすぐ空いている場所やスケジュールが確認できます。現在では日本ではあまり知られていないので物件数が多くはないが、空いた部屋をホテルとして貸すためのサイトで、「Airbnb」が日本で普及し始めているのと、世界のノマドワーカーが14億人になることを考えるとこれから増えていくと考えられます。

自分が貸したい部屋の特徴、住所、価格、スケジュールなどをウェブサイト経由で指定します。そして、契約が成立したあとに「paypal」経由でマージン料を15%ほど取られたあとに、自分の口座に振り込まれる仕組みです。

基本的にノマドワーカーや副業を行う人のワークプレイスとしてレンタルするものなので、交通の便だけでなくWi-Fiなどのインターネット状況が整っていることや、飲食可能、喫煙可能な場所があるかどうかが、予約されやすいオフィスの必要条件である様子。
 
sharedesk4
サイト上でメッセージを行う。

実際に、「ShareDesk」を利用してみました!

ここからは、私が「ShareDesk」を実際に利用し、高円寺にある賃貸オフィスをリノベーションし、コワーキングスペースとして転用したときの様子を紹介します。

コワーキングスペースとは事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指します。

一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多いです。通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つことが多いです。
 
sharedesk5
内装工事中のオフィス

空きオフィスをリノベーションして1室を設計事務所として使用して、入り口部分のワンルームを打ち合わせや仕事以外の時間にコワーキングスペースとして貸し出しています。空き時間のスケジュールの登録などは「ShareDesk」で登録し、予約がきてからメッセージをやりとりし、お互いに合意すれば契約成立です。

1日4000円と設定しているが15%ほど利用料が取られるので1日貸すと3400円の収益となります。ノマドワーカーは複数で利用する場合もあるので対応できるようにする工夫も必要です。
 
sharedesk7
自社で設計施工したオフィス空間・ミーティングルーム

内装工事の概要

既存の46㎡ほどの空きオフィスを200万円ほどかけてリノベーションしました。実際にやった工事は床のブラウンカラーのフローリングや壁紙のホワイトクロスに張替えをします。また間仕切り壁を固定したものと、可動式のスネークパーティションで分けています。

これにより自由度の高い空間構成ができるように設計施工を行います。施工期間は2週間ほどで内装工をやる大工の指導があれば簡単に工事可能です。クロスの張替えなどは指導があれば比較的容易なので自らセルフビルドしてみると面白いです。
 
sharedesk8

sharedesk9
スネークパーティションと固定間仕切りにより空間に自由度を形成

sharedesk10

sharedesk11
室内のプラン。奥は設計事務所として機能し、もう一つの部屋を貸し出す。提供:香月真大建築設計事務所

これからの「ShareDesk」

「ShareDesk」は、まだまだ東京では登録が20件ほどと認知度は少ないですが、ノマドワーカーの増加を考えるとこれから普及していくサービスといえることでしょう。今回はリノベーションした空間を事例にして紹介していますが、既存の空いたスペースなども貸すことできます。

まだ「Airbnb」ほどムーブメントになっているわけではありませんが、これからが楽しみなレンタルサービスの一つです。

[via ShareDesk]

(Text: 香月真大)
 
sharedesk12

香月真大
石山修武研究室を経て、上海へ渡航後、都市研究を行う。香月真大建築設計事務所 及び SIA (second international architecture) 設立。

Website: http://lival-style-architecture.blogspot.jp/
Twitter: masahirokatsuki
Facebook: 860829233941155