\いまだけ入会特典/ People’s Books バックナンバープレゼント

greenz people ロゴ

港に置かれたコンテナが素敵なホテルに大変身!
ベルギーを旅する移動式ホテル「Sleeping Around」

sleeping-around-1

どこに住み、どんな暮らしをつくるのか。本当に必要なものは何か。「暮らしのものさし」は、株式会社SuMiKaと共同で、自分らしい住まいや好きな暮らし方を見つけるためのヒントを提供するインタビュー企画です。

旅行や出張でホテルを予約するとき、どんなホテルに泊まりたいですか?普通のホテルでは物足りない!と思っているあなたへ、こんな移動式のホテルはいかがでしょう?

こちらの「Sleeping Around」という小さな部屋。実はこれ、ベルギーのアントワープにあるホテルなんです!運送用のコンテナを再利用してつくられているのですが、なぜコンテナを使おうと思ったのでしょうか。

sleeping-around-3
ホテルに改装中のコンテナ

中国で作られ、世界中で使われているこのコンテナ。輸送には便利ですが、空になって戻ってくるコンテナの使い道はなく、アントワープでも港に置き去りにされていたのです。そこに目をつけて作られたのがこのホテルだったというわけ。環境を考えたアイデアである上、遊び心と快適さをも示した究極の形ですね!

sleeping-around-2
sleeping-around-4

ホテルは全部で6部屋あり、4つは客室、ラウンジ用コンテナ、サウナ用コンテナがあります。1泊149ユーロで部屋には有名メーカーの家電や寝具が設置してあるほか、おいしいコーヒーなどが楽しめますよ。ホテルは現在アントワープの中心部にありますが、移動式のためGPSで位置を確認する必要があるようです。

泊まるだけでリサイクルについて考えさせられるこのホテル。朝目覚めたときにはいつもと違った美しい景色が見られるかもしれませんね。

(Text:鈴木真奈美)

[via springwise]

Geoffrey Stampaert: Hotel Les Nuits
Didier Opdebeeck: Marketingmap
Ellen Wezenbeek: het Huis Happaert

Sponsors:
DARK * DURAVIT* HANSGROHE * TENDE by ARISTIDE * WAAGNATIE