greenz peopleって知ってる?ほしい未来をつくる仲間たち募集中!

greenz people ロゴ

買い物途中にリフレッシュ!?売り物のベッドでお昼寝できるインテリアショップ「COCO-MAT」

cocomat2

「今日は何だかすごく眠い」「ちょっと15分くらい寝て、リフレッシュしたい!」なんて経験はありませんか?「あるある!」というあなたにちょっと嬉しい情報です!

ギリシャ生まれの寝具メーカー「COCO-MAT」のニューヨークSOHO店で、売り物のベッドで寝てもOK、しかも無料!という嬉しいサービスがはじまりました。

coco-mat1

Try before you buy」というコンセプトで始まったこちらのサービス。ただお店に展示してあるベッドに寝るというものではなく、ちゃんとホテルのようなプライベートな部屋が用意され、本を持ち込むことも可能!テレビ、ステレオ、バスルームも完備されています。

さらにフレッシュジュースやコーヒー、ランチタイムにはちょっとしたギリシャ料理まで出してくれるそうです!まさに至れり尽くせりですね。仕事の合間に少しの仮眠をとることをPower Napといいますが、まさにこの部屋をnap room(お昼寝ルーム)と呼び、数時間利用することも可能です。忙しいニューヨーカーにはまさにピッタリ!?

こちらのサービス、「まずはブランドや製品について知ってもらうことが大事」という理由からはじめたそうで、カップルで来たり、何も買わないで仮眠だけをとって帰ることも大歓迎なのだとか。確かに、一度寝たマットレスは、他の試していないマットレスよりも記憶に残って、いつか買おうと思った時にまっさきに思い出すことになるかもしれません。

coco-mat3

ちなみにCOCO-MATの製品は全て再利用可能な原料を使うなど、サステナビリティに気を配っているのも嬉しいポイントです。

ちょっと体を休めたり、リフレッシュできる”まちの保健室”のようなサービス、ぜひ東京でもあったらいいですね。

(Text:手塚芳子)

[via: SPRINGWISE]