【gdj】「自給LIVE~Viva solar power!!〜」green drinks 松戸 vol.4 レポート #gdJ #gdMatsudo

greenz.jp では各地のgreen drinksオーガナイザーさまから投稿いただいたレポートを紹介しています。お問い合わせ・ご連絡は各オーガナイザーさまへお願いします。

自給自足の街をテーマに飲み語り合うgreen drinks 松戸。そのvol.4を9月23日に開催しました。会場は台風のため江戸川河川敷ではなく、前回に引き続き古民家アトリエ「旧・原田米店」!

テーマは「自給LIVE ~Viva solar power!!~」
去る6月18日(土)に開催したgd松戸vol.1では「自給的なエネルギーにシフト」と題し、エネルギーをテーマに行いました。じゃあこれをイベント的にでもいいから実際に実現してみよーとして始まったのが今回の「自給LIVE」です。

ゲストには音響屋でありソーラーに命をかけている、田口造形・音響の田口和典さんをお迎えし、ソーラー発電&バッテリーを使った音楽LIVEとソーラークッカーを使った着火を試みました。

ソーラーにかける音響屋。田口和典さん
冒頭は田口さんにソーラーツールの説明をして頂きました。

ソーラーの説明をする田口さん

ソーラーの説明をする田口さん

まずはソーラーパネル。パネルからケーブルでバッテリーに接続し充電するという仕組みで田口さんオリジナルの設計です。当日の天気は曇りでしたが、ソーラーパネルは曇りでも微弱な電気なら発電できるそう。恐るべしソーラーパワー。
続いてソーラークッカーについてもお話し頂きました。

ソーラークッカーとはこんな感じです!

ソーラークッカーとはこんな感じです!

球状に曲がった木板に反射板をつけて光を1点に集約させ、それを複数台置いてパワーを強くするという仕組みで、田口さんオリジナルの作品です。「よくあるパラボナアンテナみたいなのではなくて、カッコいいものを作りたかった」という田口さんの言葉通り、秘密兵器のようでカッコよかったです。

まるで発明家のような田口さんですが、本業は音響屋。スピーカーなどの音響機器を作ることがお仕事です。その田口さんがなぜ、ここまでソーラーに力を入れるようになったのでしょうか。きっかけは、とある途上国での野外イベントでした。その国の電力供給量は不十分で、しかも野外での開催。しかしイベントを成立させるためには電源を確保しなくてはならない。そこで、もともとグリーン志向を持つ田口さんは、ソーラーの活用を思いつき、ソーラーバッテリーを使用。結果、それが現地の方々から大好評で、第1号の作品はそのまま現地の方へプレゼントされたそうです。それ以降、田口さんはソーラーの活用を本格的に始めたのです。いや、カッコいい。

ソーラークッカーで火をつけろ!
続いてソーラークッカーでの着火にチャレンジしました。

みんなでチャレンジ!

みんなでチャレンジ!


しかし当日の天気は曇り。う~、こればかりは仕方ありません。

しかし当日の天気は曇り。う~、こればかりは仕方ありません。


ちょっとわかりづらいですが、煙がもくもくと!あと一息!

ちょっとわかりづらいですが、煙がもくもくと!あと一息!

結局あと一息のところで火はつきませんでしたが、曇り空でもかなり熱くなることが分かり、ソーラーのパワーを十分に感じることができました。ありがとう太陽。

そしてオーガニックBBQスタートです。

野菜は全てCAMOO菜園でとれたオーガニック野菜

野菜は全てCAMOO菜園でとれたオーガニック野菜


酒あり、BBQあり、ソーラーツール触る人あり。自由でゆったりとし た時間を過ごしました。

酒あり、BBQあり、ソーラーツール触る人あり。自由でゆったりとし た時間を過ごしました。

自給LIVEスタート
お腹も満たされたところで、いよいよ自給LIVEスタート。電源は全てソーラー。デンコちゃんの電気は一切使っていません。通常の電気は発電所(直流)→送電線(交流)→家(直流)と送電線を通じて遠方まで電気を運ぶために直流から交流、交流から直流に電気を変換しています。そしてその度にエネルギーのロスが出ているのです。

しかし今回使う電気は発電したその場で使用する、自給自足型の電気。そのため電気の変換の必要は無く、直流のままでOK。ロスも少ないし、なんと音も良くなるそう。ソーラーはグリーンなだけでなく、音楽的にもいいんです。

トップバッターはARNI KRISTJANSSON (BOOGIE IN MOTION)

トップバッターはARNI KRISTJANSSON (BOOGIE IN MOTION)


CAMOO店長伊藤淳もDJ KINとして登場

CAMOO店長伊藤淳もDJ KINとして登場

 
DJ KINの音楽に合わせてgd松戸スタッフ神谷ちゃんのダンス!

DJ KINの音楽に合わせてgd松戸スタッフ神谷ちゃんのダンス!


OJA , a.k.a.son of GENも登場!お待ちかねの手作りラップを披露!

OJA , a.k.a.son of GENも登場!お待ちかねの手作りラップを披露!


大トリ、アワーハウスの登場で会場の盛り上がりは最高潮に!

大トリ、アワーハウスの登場で会場の盛り上がりは最高潮に!

ゲストとして来てくれたARNI KRISTJANSSONから始まった自給LIVE。後半はDJKIN×OJA×アワーハウスというgd松戸ならではのコラボレーションも生まれ、最高に盛り上がりました。

太陽に気づかせてもらったこと
ソーラーのエネルギーを感じてみようとして試みた今回の「自給LIVE」。惜しくもソーラークッカーでの着火はなりませんでしたが、その熱の強さを感じることができ、ソーラーエネルギーのみでの音楽LIVEにも成功しました。

いつも当たり前のように注がれる太陽の光。しかし我々、生物はその光を無くして生きていくことはできません。これはいたって原始的で、最も本質的な事実のひとつです。そんな、当たり前だけど大切な太陽の光によって今回、最も照らされたのは参加者の方々の笑顔のような気がします。

photo13
photo14
photo15

江戸川での開催とソーラークッカーでの着火は必ずまたチャレンジしますので、楽しみにお待ちください。
MADで真面目に悪ふざけが出来るgreen drinks 松戸であなたも自給自足の街について飲み語りあいませんか?

(殿塚建吾)