完成までに27年?!ミネソタの湖10,000個分のロゴをつくる「Branding 10,000 Lakes」

B5_LakeVermilion_700

アメリカ北部に位置するミネソタ州は、15,000以上もの湖があるとされているほど湖で有名な都市。ミネソタという名前もインディアンの言葉で「水」を意味する”mni”に由来しているとされています。そんな豊かな水に恵まれたミネソタ州にある、10,000個の湖にロゴを作るプロジェクト「Branding 10,000 Lakes」がスタートしました。

手がけるのは地元のアートディレクターであるニコール・メイヤーさん。町と人をコミュニケーションすることをコンセプトに作成したロゴデザインを毎日ウェブサイトにアップしています。これまでに60個ほどが発表されており、水面や波といった湖らしいデザインが多いようですが、中にはおしゃれなバーやショップの看板のようなものもあれば、もはやどこの湖か分からないものまで様々。

B37_AndrusiaLake_1_700
Andrusia Lake

B51_LacQuiParle_700
Lac Qui Parle

B31_LakeElizabeth_700
Lake Elizabeth

B27_OakLake_700
Oak Lake

B41_CassLake_700
CassLake

地元の人を巻き込んで、地元の誇りのブランディングするというアプローチは、ミネソタに限らずどんな場所でも応用できそうです。日本なら山や川でできそうですね。
目標の10,000個を達成するにはなんと27年もかかるとか!facebookでもアップされているのでお気に入りのロゴを見つけてみては?