greenz peopleって知ってる?ほしい未来をつくる仲間たち募集中!

greenz people ロゴ

通りすがるニューヨーカーたちが次々に街角で素敵なメッセージを発信する企画「Say Something Nice」

ssn08

どこに住み、どんな暮らしをつくるのか。本当に必要なものは何か。「暮らしのものさし」は、株式会社SuMiKaと共同で、自分らしい住まいや好きな暮らし方を見つけるためのヒントを提供するインタビュー企画です。

ニューヨークを拠点に活動する「Improv Everywhere」の最新の映像が公開されました。(これまでのgreenzの記事は、こちら

今回のテーマは「Say Something Nice(何か素敵なこと言おうぜ!)」。街行く人々に、なにか心あたたまるようなコトを言ってもらおうというこの企画。ニューヨークの路上に”Say Something Nice”というメッセージとともにメガフォンを設置して、機会を与えられたニューヨーカーたちがどのようなアクションをするのか見守りました。

まずはこちらの映像をご覧ください!

ssn01

街中にメガフォンがあったら...。

ssn06

もちろん気になりますよね。

saysomethingnice

気になって見てみるとこんなメッセージが。

「Say Something Nice」は、 Guggenheim Museumが行っているexhibitionであるstillspotting nycという取り組みの一部として行われました。stillspotting nycは「NYという眠らない街において、住んでいる人々や訪れた人々がどうしたらその喧騒を抜け出し、休息を見つけ出すことができるのか」というテーマで行われているプロジェクト。このシリーズのImprov Everywhereのコラボとしては、The Mute Buttonという企画に続いて、2番目の取り組みとなります。

ssn10

小さな子供から

ssn15

おじいさんまで。

「Say Something Nice」を行った結果、世代も超えて多くの通行人がメッセージを発しました。

このようにちょっとしたきっかけが生まれただけで、人々は普段は自分の心の中だけでとどめている感謝の気持ちや、誰かを想う気持ちを素敵なメッセージに変えて、発信できるのかもしれません。シンプルなアイデアですがメッセージを発信する側も、それを聞いている側も、みんなハッピーになることができる”Nice”な取り組みだと思います。

(via Improv Everywhere