greenz peopleって知ってる?ほしい未来をつくる仲間たち募集中!

greenz people ロゴ

95年初版、絶版となっていた龍村仁監督の幻の著作『ガイア・シンフォニー間奏曲』が電子書籍で復刊!STUDIO VOICEで発売中

gs_front
『ガイア・シンフォニー間奏曲』電子書籍版復刊によせて

こんにちは!greenz.jp編集長のYOSHです。

先日、STUDIO VOICE ONLINEでインタビュー(「『ガイア・シンフォニー間奏曲』をいま、再び読むということ」)させていただいた、映画監督龍村仁さんの書籍『ガイア・シンフォニー間奏曲』が、このたび電子書籍として発売されることになちました。入手困難になっていた幻の作品をiPadで読めるチャンスです!(購入はこちらから

現在「第七番」まで公開されている『ガイア・シンフォニー』。僕も全ては見られていませんが、ラッセル・シュワイカート(宇宙飛行士)、エンヤ(ケルト音楽家)、ジャック・マイヨール(閉塞潜水家)といった、いのちの無限なる可能性に挑戦しているからこそ発せられる至言に、いつも満たされた気持ちになります。なんかこう、心の奥で本当は気づいていたことを代弁してくれたようなすっきりとした感覚。

個人的にも関心のあるこれからの”意識の進化”に向けて示唆に富む作品であり、また自主上映から広がりをみせた「ムーヴメントとしてのガイア・シンフォニー」という側面も見逃せません。

「21世紀は、人類が今までネガティブな体験をポジティブに転化していく時代」とダライ・ラマが言うとおり、わたしたちに必要なのは新しい考え方なのでしょう。これからどう暮らしていくのか、みんなでどんな時代をつくっていくのか、この作品が多くの方にとってヒントになることを心から願います。


320-pc-main
電子書籍版『ガイア・シンフォニー間奏曲』

3.11 以降、わたしたちは 困難な時代といかに対峙すべきか?

「多様なものが多様なままに共に生きる。それは生命の摂理であり、宇宙の摂理である」――映画『ガイアシンフォニー』(第一番)製作時に出演者と交わした会話を中心に、「ガイア」とは何か? を龍村仁監督自らの言葉で書き記したのが『ガイア・シンフォニー間奏曲』(1995年初版発行)です。多くの人々 に深い感動を与えた本書を2011年、新たに電子書籍としてリリースします。

ジェームズ・ラブロック博士の唱えるガイア理論、「地球はそれ自体が一つの生命体である」という考え方に共鳴して制作されたのが、龍村仁監督によるドキュメンタリー映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』(1992 年)です。 本書『ガイア・シンフォニー間奏曲』では、ラッセル・シュワイカート(宇宙飛行士)、エンヤ(ケルト音楽家)、ラインホルト・メスナー(登山家)、ジャック・マイヨール(閉塞潜水家)、ダライ・ラマ 14 世といった “超越者” たちの見た地球と生命の神秘を、監督独自の筆致で綴っていきます。

地球規模の問題という文脈において、今回の東関東大震災は大きな論点を投げかけることになりました。 そしてこの地球が有限な環境資源であり、ひとつの星をいくつもの生命体で共有し、共生している、ということを実感させる災害でもありました。こうした時事的な背景をふまえ、スタジオ・ボイス編集部は『ガ イア・シンフォニー間奏曲』を今再び読まれるべき良書とし、「STUDIO VOICE ARCHIVE」販売第一号として電子書籍で復刊することにしました。

また、リリースにあたっては、増補別冊『ガイア・シンフォニー間奏曲《2011 年 電子書籍版の刊行 に寄せて》』も龍村監督の新たな書き下ろしとして添付します。

書籍紹介

「多様なものが多様なままに共に生きる。それは生命の摂理であり、宇宙の摂理である」――映画『ガイアシンフォニー』 (第一番)製作時に出演者と交わした会話を中心に、「ガイア」とは何か? を龍村仁監督自らの言葉で書き記した『ガイア・シンフォニー間奏曲』(1995 年初版発行)。多くの人々に深い感動を与えた本書が 2011 年、新たに電子書籍としてリリース。

第一番で出演したラッセル・シュワイカート(宇宙飛行士)、エンヤ(ケルト音楽家)、ラインホルト・メスナー(登山家) ほか、第二番で登場するジャック・マイヨール(閉塞潜水家)、ダライ・ラマ14世、そして出演予定であったアイル トン・セナ(F1ドライバー)らとの交流のなかで龍村監督が感じたこと、伝えたいことが、映像的な美しい写真とともに綴られていく。

ほかにポール・スポング博士(オルカ・ラボ主宰)や桜井淑敏(元ホンダ F1 総監督)との対談も収録。

著者プロフィール

龍村 仁
1940 年、兵庫県宝塚市生まれ。63 年、京都大学文学部美学科卒業後、NHK 入局。主にフィルムドキュメンタリー を演出。74 年、矢沢永吉に密着した映画『キャロル』を制作・監督したのち、NHKを退職。その後、ドキュメンタリー、 ドラマ、コマーシャル等の数多くの作品を手がけ、ACC優秀賞、第 9 回東京クリエイション大賞など数々の賞を受賞。 92 年、ドキュメンタリー映画『地球交響曲 第一番』を上映し、2010 年までに七番までを制作する。

■本ストアの概要 ストア名称
STUDIO VOICE ARCHIVE (スタジオ・ボイス アーカイブ)
ダウンロード URL
http://archive.studiovoice.jp/gaia

サービス開始日
2011年6月30日

PC 環境
Windows/Mac それぞれの Web ブラウザ(Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox)に対応 電子書籍端末には iPad を推奨。 ※ブラウザは最新バージョンでお楽しみください。

サービスの特長
PDF によるダウンロード版のほか、記事だけを閲覧できるフリーのオンライン版も実装予定。
各デバイスに最適化された PDF 版のほか、PC ブラウザでのリーディングを可能にする「ISSUU」版をそなえ、 読みやすさに配慮しています。

高画質な電子書籍
高度なオーサリングにより高画質をお楽しみいただけます。

■リリースタイトル
▼タイトル: 『ガイア・シンフォニー間奏曲』(電子書籍版特典・書き下ろし『電子書籍版の刊行に寄せて』) ▼著者:龍村 仁
▼発売日:2011年7月25日 版元:株式会社 INFAS ウェーブ

■本件に関するお問い合わせ
株式会社 INFAS ウェーブ STUDIO VOICE 編集部