greenz people は、ほしい未来をつくる仲間たちです。

greenz people ロゴ

「日本一周チャリの旅」でR水素&エネルギーシフト!JustGivingでチャレンジ中の鈴木隆之さんにインタビューしました。

DSC06354

以前にgreenzでも紹介したオンライン寄付プラットフォームJustGiving。震災後10日で3億円超の寄付金を集めたこのしくみを利用して、エネルギーシフトを加速させている若者がいます。

彼、鈴木隆之(@taka_chari)さん(27・東京都)は、水と自然エネルギーでつくる持続可能なエネルギー「R水素」を推進するNPO「R水素ネットワーク」(@rh2news)を寄付先に、自転車とテントで日本一周!という骨太なチャレンジに挑戦中。6月21日現在網走を走る鈴木さんに、自分の足でこぎ進む1mの意味、エネルギーシフトへの思いなどを語ってもらいました。


Q. そもそもなぜ、自転車とテントで日本を一周しようと思ったんですか?

鈴木さん 僕はもともと、国際交流NGOピースボートのスタッフでした。船で地球を一周してみたい!という若者を集めるのが仕事だったんですが、年々若者の”旅離れ”が進んでいることを感じていて。「旅は人を成長させる」というシンプルな真実を伝える広告塔になれたら、と思ったんです。もちろん、「日本を知りたい」「自分の精神と体力の限界を知りたい」という気持ちがあってのことです。

Q. なるほど。でもなぜ、あえて自転車(笑)!?

鈴木さん はい、そこですよね(笑)。いや、広告塔になりたいとか言っても、しょせんは自己満足なので、それで排気ガスを出して地球に迷惑をかけるのはどうかと。自転車とテントなら自分にGOサインが出せると思いました。

Q. やってみて・・・やっぱり、きついですか?

鈴木さん いや〜きついですよ。夜寝ていたら、突然の大雨でテントが浸水して自分も含め荷物全部がびしょびしょとか、これがテレビの収録で僕が芸人だったらオイシイですけど、実際はたった一人ですからね(笑)。
常に考えないと続けられない。「なんでやってるのか?」って自問自答の連続です。

ashi

Q. 答えは出るんですか?

鈴木さん そうですね。ひとことで言えば、「おトクだから」かな。自転車をこいでじわじわ進んでいく1m1mが、全部知らない土地。僕、人生とは知らないことを知っていくことだと思うんです。だから、常に知らない瞬間の連続を生きている今の僕は、ものすごくトクしてる。知らない土地に行けば、何かしら想定外の知らない人・もの・ことが、絶対にありますから。

11°の傾斜はきつい!

11°の傾斜はきつい!

例えば、「おまえらが思ってるより日本は山だぞ」とか。おまえらって誰に言ってるのかわかんないですけど(笑)地べたを延々走っていると、パターンが見えてくるんですよ。平野部には幹線道路に街、山間部にはだいたいうどん屋があってだいたいつぶれてる、とか。この丘超えたらコンビニあるぞとか、そろそろ風車があるぞとか。そんなものから、日本人の思考パターンが透けて見える気がして、面白いです。

北海道は風車がたくさんあってうれしい

北海道は風車がたくさんあってうれしい

Q. 今回の旅は、2年前から中断していたあとの後半戦だそうですね?2年前と、震災を経験した今で、思いは変わりましたか?

鈴木さん 実は震災後、このチャレンジを延期して、ピースボートのボランティアチーム「マットバスターズ」のリーダーとして石巻で救援活動をしていました。

現地についてまず思った、というか、思い知らされたのは、自然の圧倒的な強さ。人間が一生懸命つくり上げてきたものを、自然は一発でのみこんだ。そのことを証明する光景を見て、一瞬で、こんな力の差で自然の摂理に逆らうようなことはムリなんだって全身全霊で理解しました。事故の経過を見ていると、原発もそのひとつなのかもと思います。

自然は常に「それ以上のそれ以上」で来る。予測不可能で、勝てない。勝とうとしてる場合じゃない。「自然に准ずる」かたちでいろんなものをつくっていかなきゃならないと思いました。だから、手前味噌ですけど、自然を汚さずに走るこの旅は正しい!と確信しました。

北海道最南端!の、寝床

北海道最南端!の、寝床

Q. JustGivingを通じてR水素ネットワークに寄付を集めようと思ったのもその流れで?

鈴木さん 実は、登録したのは震災前なんですけど、震災を経て、応援・・・というよりむしろ参加したい気持ちが強まりました。

自然に准ずる人間社会にしていきたいのに、現実問題、化石燃料を使っている限りはその自然を汚している。地球の体調を忘れさせるような、化石燃料や原発が根っこにある社会を、変えるタイミングに来てると思うんです。

そのためには、国民が意識を変えなきゃいけない。変わった人はたくさんいるけど、変わってない人もいるかもしれないから、このチャレンジを通して、一人でも多くの人にR水素という解決策が伝わればいいな、と思っています。R水素は、水と太陽や風でエネルギーをまわす、自然に准じたエネルギーだから。

応援待ってます!

応援待ってます!

Q. 最後に、読者のみなさんにひとことお願いします

鈴木さん ブログ見てください(笑)あと、取材してください!寂しいんで。そして、何にも興味を持てない若者は、旅に出てください。手っ取り早く、興味のあることに出会えます。最後に。エネルギーシフト。今やらずしていつやるのだ!

鈴木さんのブログはこちら 
「THE・ピースな奴等 ←日本一周中@チャリ」

R水素を知って、鈴木隆之さんのチャレンジに寄付しよう