\インターン募集中/greenz peopleコミュニティを一緒に育てませんか?

greenz people ロゴ

脳科学者が脳卒中になっていく自分の身体を体験!その驚くべき物語とは

Some rights reserved by Luciana Christante

Some rights reserved by Luciana Christante

自分が脳卒中になってしまったとき、その様子を観察した脳科学者のスピーチです。その探究心と、彼女が発見した脳の働きについてのスピーチに驚かされます。少々長いですが、こちらの映像をご覧ください。

ジル・ボルト・テイラーは、脳科学者なら願ってもない研究の機会を得ました。広範囲に及ぶ脳卒中の発作により、自分の脳の機能―運動、言語、自己認識―が、1つひとつ活動を停止していくのを観察することになったのです。この驚くべき物語をお聞きください。

自分の身体がどんどん動かなくなっていくのは、どのような感覚だったのか、非常に気になるところですが、簡単に体験できることではないので、こういったスピーチは非常に価値あるもののように思います。