\インターン募集中/greenz peopleコミュニティを一緒に育てませんか?

greenz people ロゴ

地震のショックを体験させ、援助を訴えるダイレクトメール

Some rights reserved by United Nations Development Programme

Some rights reserved by United Nations Development Programme

今年は世界で大きな災害が相次ぎました。

なかでもハイチの大地震は、
22万人以上の人が亡くなり、
復興には長い道のりがかかると言われています。

ところが、他の災害が起こると
世間の関心はそちらに移ってしまいます。
また、度重なることで被災地以外の人たちは
鈍感になり、援助も集まりにくくなります。

そのような状況をなんとかするために、
ドイツの慈善団体はジャーナリスト宛に、
アイデアを凝らしたダイレクトメールを送りました。

そのダイレクトメールには
たくさんの文字が書かれているのですが、
なんと、読もうとすると文字がポロポロと
崩れ落ちていくのです。

letter1

オロオロとしている間に
どんどん文字はなくなっていき、
最後には一行の文章だけが残ります。

残ったひと言は、
「言葉ではなく、行動を。」

letter2

ジャーナリストの人たちに、
ただ事件の被害を伝えるだけでなく、
援助も呼びかけて欲しい、そんなメッセージを
伝えているんですね。

崩れていく文字は、地震であっという間に
崩壊していく建物や人びとの暮らしを感じさせます。

このダイレクトメールを送ることで、
慈善団体に多くの問合せが寄せられたということです。

たくさんの郵便物に目を通さないといけない
報道関係の人たちに、確実にメッセージを
届けるためには、ダイレクトメールの送り方にも
アイデアが必要なんですね。