greenz people は、ほしい未来をつくる仲間たちです。

greenz people ロゴ

『旅ボラ48』!?米国48州で48週間、旅しながらボランティアする『48 by 48』

Copyright (c) 2010 48by48. All Rights Reserved.

Copyright (c) 2010 48by48. All Rights Reserved.

米国人のDrew Johnsonさんが2009年11月にスタートさせた、米国48州を48週間かけて旅行しながらボランティアをするというユニークなチャレンジ「48 by 48」は、2010年10月8日に無事“完走”。旅とボランティアをコラボさせるというちょっと斬新な取り組みが話題になっています。

旅好きなJohnsonさんが、自宅のある米アイダホ州ボイシ(Boise)から旅立ったのは2009年11月のこと。以来、48週間にわたり、愛車の「Mazda Protoge」でアメリカ大陸の48州をドライブしながら、ボランティア活動を行いました。協力者の支援のもと「借り暮らし」させてもらったり、ときには野宿も経験しながら、各州に1週間程度滞在し、植樹活動や献血・ごみ拾い、公立図書館での本の整理や地方ラジオ局へのゲスト出演など、多種多様なボランティアに参加。一方で、彼自身も、寝床の提供はもとより、食事をご馳走になったり、洗濯機を貸してもらったり、シャワーを使わせてもらったりと、多くの人々のサポートによって、この旅を進めていくことができました。彼の活動状況は、TwitterFacebook公式ブログでも随時発信され、滞在する先々で、ボランティアを求める団体や彼を支える協力者たちとタイムリーにつながることができたそうです。


View 48by48 – Volunteering Adventure Map in a larger map

「48 by 48」は、旅行をしながら誰かの役に立ち、その経験をオンライン技術を通じてより多くの人々に伝えるという、「旅行」と「ボランティア活動」と「オンラインコミュニケーション」の三位一体化プロジェクト。Johnsonさん自身がいわば“実験台”となり、「Service to Others」(誰かのために尽くす)という新しいライフスタイルを広く知ってもらうことがその狙いです。今後は、今回の「48 by 48」を通じて知り合った地方のコミュニティや人々とのつながりを生かしたプロジェクトやイベントを立ち上げる方針のほか、「48 by 48」の体験を本にまとめるなどして、世界中の人々に「Service to Others」というライフスタイルを提案していきたいそうです。

「48 by 48」は、1種類のワンピースで1年間過ごすチャレンジ「Uniform Project」などと同様、自分が関心を持てるテーマをきっかけとし、自身が楽しみながら、世の中の役に立ち、その姿を発信し続けることで、多くの人々をインスパイアする取り組み。Johnsonさんの48週間にわたる旅は終わりましたが、彼のよりよい未来づくりへのチャレンジはまだ始まったばかりです。