グリーンズの学校でほしい暮らしも、ほしい仕事も、自分たちでつくろう。

greenz people ロゴ

フライトの遅れた機内で演奏会!楽団のサービス精神のおかげでみんなが笑顔に!

Some rights reserved by jordanfischer

Some rights reserved by jordanfischer

先日、Twitter上をにぎわせていたグッドニュースを紹介します!Twitterでtweetされた回数が多いニュースを紹介するWebサービス、Twib(ツイブ!)にものったトピックです。

出発遅れた機内に響き渡るモーツァルト、突然の生演奏に拍手喝采。 | Narinari.com

このトピックの元はニュース&コラムサイトナリナリドットコムさんがご紹介されている記事です。内容は以下のようなこと。

8月30日、上海を出発するKLMオランダ航空機は、離陸許可を待ち続けること1時間が経過。いつ出発できるのか、見通しもわからない状況だった。すると、「乗客たちの暇つぶしになれば」と立ち上がったのが、飛行機に乗り合わせていたアムステルダム・シンフォニエッタの面々だ。

(中略)

総勢22人のメンバーは2列の通路に分かれて並ぶと、モーツァルトの楽曲を演奏。メンバーの周囲には遠くの席にいたと思われる乗客たちも集まり、機内はちょっとしたコンサート会場となった。

フライトが遅れている飛行機に偶然乗り合わせたアムステルダム・シンフォニエッタのメンバがーが、飛行機が遅れている乗客の心を和らげるために機内で演奏会を行いました。その演奏会の様子を撮影した動画が、YouTubeにあがっています。

写真を撮ったり、席を立って、演奏を聴きにきている乗客の人もいます。演奏が終わったあとは、機内で拍手が巻き起こっており、機内が盛り上がっていることがわかります。今回、アムステルダム・シンフォニエッタのメンバーの方々が仕事でもないのにも関わらず、演奏を行ってくれたことで、機内の乗客は演奏を聴くことができ、飛行機が遅れていることによるイライラもきっと弱まったことと思います。この飛行機を飛ばしている業者の方も、ただ遅れているままではクレームが起きていかもしれませんが、このオーケストラのおかげで、それも避けられたのではないでしょうか。

こうして、自らのスキルを活かしてボランタリーに行動したことで、関わった人すべてがハッピーにすることができ、きっとこのオーケストラのメンバーの方々もハッピーになることができたのではないかな、と思います。ちょっとした工夫、行動で、か変わった人みんなが笑顔になれることがわかった素晴らしいニュースです!このオーケストラの人たちの精神を見習わないとなぁ。

飛行機内でのユニークな事例を見てみよう