12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

集まれ、公園に!踊れ、世界のリズムで!子供と大人の『金沢文庫芸術祭』

Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.

Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.

一年に一日だけ開かれる、笑顔にあふれたカラフルなお祭りがあります。子供と大人がアートを通して、様々な世界に触れる『金沢文庫芸術祭』。世界中から集まったリズムが響くこのお祭りのテーマは、『こどもの未来は地球の未来』

青空の下で子供と一緒に歌って踊って飛び跳ねて、地球の未来を感じてみましょう。みんな集まれ、公園に!踊れ、世界のリズムで!

こどもの未来は地球の未来

「アートを通じて次世代に何かを伝えたい」という願いのもと、1999年にスタートした芸術祭は今年で12回目を迎えます。「こどもの未来は地球の未来」をスローガンとして、美しい地球をこどもたちに残すために、“今何をやるべきか”。参加者全員が楽しみながら考えていける場になればと思っています。
【金沢文庫芸術祭HPより】

そう、この芸術祭のテーマは、アートを通して子供たちに、そして大人たちに地球の未来について考えてもらうこと。しかし“地球の未来を考える”という、その大きなテーマを一人で真面目に考え込んでしまうのではなく、歌ったり踊ったり“楽しみながら”考えてみる、というのがこの芸術祭らしいアクションです。

歌ったり踊ったりと、子供のためのお祭りと思ってしまうかも知れませんが、その内容は、リサイクル品でエコバッグなどをつくるアートワークショップから、世界の先住民族の文化を体験できるコーナーまですごくディープ。また、ワークショップで作った仮装衣装でパレードに参加したり、子供も大人もたっぷり楽しめるのがこのお祭りの特徴です。

第12回金沢文庫芸術祭

第12回金沢文庫芸術祭

芸術祭の理念

今年で12回目を迎える芸術祭ですが、実はすべてボランティアの手で運営される、手作りのアートイベントです。一年という準備期間の末やっと開催されるイベントには、ボランティアスタッフの皆さんの思いと、ポジティブなエネルギーがギッシリとつまっています。

・住民の出会いの場を作り、心と心の交流を深める
・日本古来の伝統文化を継承する
・アートを通して地域文化の活性化をはかると共に、参加者の自己実現を目指す
・世界とのつながり、世代とのつながりを大切にする
・自然環境を考え、自然への感謝の心を育成する
【金沢文庫芸術祭HPより】

Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.

Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.

第12回『金沢文庫芸術祭』1DAY イベント概要

日時:2010年9月19日(日) 10:00〜
会場:横浜市 金沢区 海の公園
概要:大空の下、大勢のアーティストと来場者が一体となって楽しめる華やかなイベント
内容:
■アートストリート(アーティストの作品を展示販売)
■先住民族広場(世界の先住民族の文化体験)
■虹の翼隊のヒミツきち(子供達のエコ活動)
■わくわくワークショップ(手作りエコ体験)
■世界のダンスステージ(緑と大空をバックに大地のステージ)
■お祭りフード広場(世界各地のフード屋台)
■サンセットパレード(歌って踊って飛び跳ねてパレード!)
■スペシャルライブ(1DAYイベントを締めくくるライブ)※ラビラビが出演!
Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.

Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.

なんと!スペシャルゲストが!

朝から興奮続きである芸術祭のフィナーレは、大地のステージと夕焼けをバックに行われるスペシャルライブ。アーティストたちと来場者が一体となって楽しめるこのライブでは、ユニークな音楽活動で大人気のラビラビが、子供たちと一緒になり、音楽で人の輪を作ります。

参加した誰もが表現者になる。大人もいつもの忙しさを忘れて童心にかえる。九月の秋晴れの週末には子供も、大人も裸足になって思いっきり一日遊びにましょう!飛んで踊っているあの瞬間に、楽しい未来のことが見えてくるかもしれません!

Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.

Photo by KOUICHI IIDA. All Rights Reserved.