12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

ちゅんたりの世界一周旅行記 -140文字で夢、かなえます。ソーシャルメディアがつなぐ世界一周の旅-

世界を旅する鳥人間 | BADO!

世界を旅する鳥人間 | BADO!

はじめまして。ちゅんたりと申します。これからユナイテッドピープル株式会社が展開する企画「BADO!」で世界を旅します。宜しくお願いします!

BADO!は、チェンジメーカーを育成する旅の大学です。社会をもっとよくしたい!と世界中を旅し、活動する若者を支援しています。そんなBADO!の理念を聞いて、ぜひここで企画を実現したい!と思ったのです。私は今回、そのBADO!の一期生として旅に出ることになりました。

私の旅のテーマは「世界中の夢を叶えること」。

突然ですが、あなたの夢はなんですか?

みなさんはtwitter使ってますか?ブログも?YouTubeも?ustreamも?最近よく思うのです。ソーシャルメディアが浸透して、1人1人が伝えたいことをどんどん発信できるようになっている今日。そこで発した想いが、共感によって広がったり、新しいことが始まったりして、それが社会の価値になっていく。

誰もがそういったことを発信できるような時代になったんだなぁと。だから、そんなソーシャルメディアの持つ可能性を使って、私も社会のために何かできないかなぁ、と考えはじめたことがこの旅を考えたきっかけです。

この旅では、私が世界中で出会った人のいろんな「夢」をかなえるために、ソーシャルメディアで呼びかけて、みんなで一緒にかなえたいなと思っています。1人ではできないことも、みんなの「できること」を集めたらきっとできるようになる。ソーシャルメディアはその「できること」を集めるためのツールとして活用できないか、と考えたんです。

企画書より

企画書より

私ができないことも、誰かができることがある。そのまた先にいる誰かができることだってある。twitterでRTがつながっていったら、できることがどんどんつながる。今までだったらできなかったことが、できる気がしてきちゃったんです。

そしたら、生まれた場所がちがうから、生まれた社会的立場がちがうから、とあきらめていた夢だって、みんなの力を少しずつ分けてもらったら実現するんじゃないのかな、と思ったのです。それは、夢が叶った本人だけじゃなく、周りの人もすごくわくわくするんじゃないかな。そのhappyは、社会がちょっとよくなるきっかけになるかもしれない。そんな風に思うのです。

では、旅ではどんな風に夢を叶えるの?なんでそんなことを思うようになったの?そんなことはBADO!のサイトにある旅の企画書で紹介してありますので、ぜひご覧下さい。

世界の夢を叶える企画書

これから始まるこの旅をgreenz.jpでレポートしていきます。
次回はこの旅についてもう少し詳しくご紹介します。