greenz people は、ほしい未来をつくる仲間たちです。

greenz people ロゴ

買う?借りる?妄想する??グリーンな傘を集めてみた

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Inferis

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Inferis

梅雨も後半戦。ジメジメな毎日ももううんざり!憂鬱な気分になっていませんか?

テンション下がりがちな雨の季節こそ楽しく、ワクワクに変えたい!今回は、そんな気持ちでグリーンな傘や、傘プロジェクトを集めてみました。

マイ傘にオススメの3本

まずはお気に入りの1本としてぜひ持ちたいグッドデザインな傘をご紹介します。

エコ・デ

増え続ける傘のゴミ問題に対し、新たな解決方法を提案しているのがエコ設計傘「エコ・デ」。生地、骨、手元が簡単に分解でき、ゴミの分別が可能なこの構造は、特許も取得しています。パーツのリサイクルが行えること、すばやく修理が可能なこともエコ・デ設計のメリット。全国の百貨店で販売されている有名ブランドの傘にもこの構造が導入されており、今後、傘設計のスタンダードになっていくかもしれません。

greenz/グリーンズ エコ・デ設計

そして、オリジナルブランド「ECODE」は、様々なモチーフをキュートに表現したハンドル部分が取り替えられ、遊び心も加わった楽しい傘。持つのが楽しくなってしまう、梅雨にオススメの商品です。

オリジナルブランド「ECODE」

オリジナルブランド「ECODE」

Roulette

使い捨て傘が当たり前になってしまった今、改めてお気に入りのマイ傘を持つ楽しさを教えてくれるのがRouletteのカラフルな7色の傘。

greenz/グリーンズ roulett

代表の真壁さんが小さい頃、雨の日にビルの上から見下ろした傘の景色がきれいではなく、暗い気持ちになってしまったという経験から、カラフルで雨の日をエンターテインメントに変える傘が完成しました。特徴は、傘本体も持ち手も骨も縫い糸も、全て同一カラーであること。持ち手と傘の先端は取り外しが可能なので、他の色でのバリエーションも可能。思わず歌いだしたくなるコチラの動画もぜひご覧ください!


制作:Kitune Akimoto

SENZ Umbrellas(センズ アンブレラ)

目を見張るその強度でオランダでの発売と同時に話題沸騰となったのが、SENZ Umbrellas(センズ アンブレラ)。風の抵抗を受けにくく設計された流線型の形状のため、台風ほどの強風でも裏返らないという画期的な構造の傘です。実証実験の動画は、もはや傘の役割を果たしているかどうか疑問でもありますが、強度という側面から見たサステナブル・デザインはお見事と言ってよいでしょう。

広がるレンタル傘サービス

うっかり傘を忘れてしまったときに便利なレンタル傘サービス。その仕組みは今や全国各地に広がりを見せています。その先駆け的存在「シブカサ」の代表の大塚さんにお話を聞きました。

シブカサ

若手社会人グループSOLが手がける「シブカサ」。今、最も認知度が高いレンタル傘サービスではないでしょうか。企業や個人から寄付されたビニール傘を、渋谷を中心とした提携店舗で貸し出す方法で、だれでも自由に利用できます。大塚さんによると、現在の利用本数は月間100~200本程。降水量で大きく変動するとのことなので、梅雨時に渋谷の街を歩くと、偶然シブカサに出会えるかもしれません。

「シブカサ」公式ホームページ

「シブカサ」公式ホームページ

レンタル傘で最も課題とされる返却率に関しては、年間平均15%前後とのこと。傘を返却するとアースデイマネー50rをもらえるというインセンティブ方式を導入しているシブカサにおいても、返却率を上げるのはなかなか難しいようです。

今後は、サービスの向上とともに、全国のどの地域でもシブカサの仕組みを街に取り入れる事ができるように、シブカサの仕組みを簡易化、パッケージ化していく予定だと言います。

現在、利用登録制を儲けた名古屋のビニール傘レンタルシステムの実験「なごやかさ」や、関西地区の人気温泉街である城崎温泉で導入されている「みんなの傘」など、それぞれ特徴あるサービスが全国に広がりつつありますが、シブカサのパッケージ化で一気に導入が加速するかもしれません。もっと一般化していくことにより、利用者の“返却する気持ち”も自然に芽生え、課題となっている返却率も上昇していくことを期待したいですね。

おもしろコンセプト傘3本

最後に、雨の日に思わずテンションが上がってしまいそうな商品化前のコンセプト傘をどうぞ!

Rain Drum

見るからにテンションが上がりそうなのがコチラ「Rain Drum」。

Rain Drum

Rain Drum

カラフルな面には、それぞれクラッシュやバス、トムトムjなどの音色が割当てられていて、雨が降るとドラムを奏でるというわけ。こんな傘なら雨の日が待ち遠しいですよね。ぜひ商品化してほしい!

Rain Drum

Rain Drum

Filterbrella

グリーンでサステナブル、そしてサヴァイヴァビリティな傘がこちら。

Filterbrella

Filterbrella

「Filterbrella」というその名のとおり、空洞のロッドには活性炭ろ過器があり、雨水がろ過された状態でハンドルに取り付けたボトルに貯められる仕組みになっています。もちろん飲料として活用できるので、災害時やアウトドアでも有効利用できそうですね。

Tandem Umbrella

最後はこちら。そう、カップル用の傘です。

Tandem Umbrella

Tandem Umbrella

身長差があると大変では?どうやってたたむの?……等々の疑問はさておき、ラブラブなふたりにはぜひ、こんな傘を楽しんでほしいものです。

雨の日もエンターテインメントに。季節を楽しむ心で梅雨を乗り切りましょう!

まだまだあります!おもしろ傘を集めたサイト