greenz people は、ほしい未来をつくる仲間たちです。

greenz people ロゴ

EV戦争勃発か!? なんと電気自動車が299万円に

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

年内12月発売予定の日産の電気自動車「リーフ」。その価格376万円。補助金を使えば、なんと実質299万円で買えることになる。でもこれに一番驚いたのは三菱自動車だろう。

プレスリリースによると

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は30日、同社のグローバル本社にて、「日産リーフ」ついての記者発表を行った。会見の席上、COOの志賀俊之は4月1日より全国の販売会社で同社初の量産電気自動車(EV)「日産リーフ」の予約注文受付を開始する

と発表した。

「日産リーフ」の価格は376万円からの設定とした。2010年度も本年度同様のEV補助金制度が続くことを前提に試算すれば、一台あたり約77万円の補助が政府から受けられると予想され、その場合の購入者の負担は、なんと299万円となり、庶民にも手が届く価格設定になっている。また、EVである「日産リーフ」は、2011年度まで自動車重量税、自動車取得税は免税、自動車税は購入翌年度に50%軽減されるという。リーフは自然にもお財布(?)にもやさしいクルマづくりになっている。

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream


葉っぱを連想させる?

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream


もちろんいつものところにマフラーはない。

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream


ドアミラー。ここまで空力対策が施されている。

なるほど、普及に向けてネックとなっていた価格の見通しはついた。残るはもうひとつの課題は充電設備の充実だが、日産は抜かりなく対応している。

戦略的日産充電ネットワークの構築とし、12月の発売までに、日本全国の日産ディーラー全店舗(約2,200店)に200Vの普通充電設備を設置し、その内約200店舗に急速充電器を設置する。半径40km圏内に急速充電器設置店を一店舗配備することで、日本全国をカバーする。これにより、「日産リーフ」で日本中を快適にドライブできる環境を整える。このネットワークが構築出来れば、電気自動車(EV)の普及は一層加速するだろう。

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream


左が急速充電用、右が普通充電用。

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream


ここまで薄く。リチウムイオンバッテリー。

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by NISSANEV's photostream


床下にリチウムイオンバッテリー。ボンネットにはインバーター(上)とモーター(下)。

経済産業省は12日、電気自動車(EV)やハイブリッド車などの普及策をまとめた「次世代自動車戦略2010」を発表。また、民間調査会社の富士経済も12日、エコカー市場は10年後に現在の約25倍である1800万台超と予測。神奈川県ではリーフをタクシーとして導入するという。タクシーのような車がEV化すれば、社会的なアピールも大きいだろう。なにせ、排気ガスを出さないのだから。

リーフの発表を受けて、負けじと三菱「i MiEV(アイ・ミーブ)」が値下げをした。更にアメリカからは、起死回生を狙って燃費がリッター96キロというシボレー「ボルト」が誕生する。

日産「リーフ」の登場で火が付いたEV市場。今年度は、ぐんーと電気自動車(EV)が身近な年になることは間違いないだろう。次の買い替え候補にしてみては。私も乗ってみたい。

「日産リーフ」サイトについて調べてみよう。

日産ゼロ・エミッションサイト