12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

すごいぞ!F1技術の賜物。フェラーリはハイブリッドでも跳ね馬

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.

とうとうフェラーリまでもが……。2010ジュネーブショーにて、フェラーリは、初のハイブリッドカー「HY-KERS(ハイ・カーズ)ヴェットゥーラ・ラボラトリオ」を公開した。

いきなりのド肝を抜く鮮やかなグリーンで登場したフェラーリは、「599GTBフィオラーノ」をベースに、ハイブリッドシステムを搭載したモデル「HY-KERS(ハイ・カーズ)ヴェットゥーラ・ラボラトリオ」だ。ハイブリッドシステムの制御には、F1で得られたノウハウが活かされており、ハイブリッドカー開発においてもテーマは「F1技術の移転」である。

Cae Watchによると、既存モデルのハンドリングとパッセンジャー・スペースを犠牲にしないために、ハイブリッドシステムは軽量コンパクトであることが求められた。このため、599GTBフィオラノはトランスアクスルレイアウトを持つFR(フロントエンジン・リアドライブ)車だが、モーターは車体後部のトランスミッションに取り付けられ、モーター駆動用のリチウムイオンバッテリーは車体底部、パッセンジャールームの下あたりに取り付けられた。このレイアウトは、低重心化にも役立っている。

軽量コンパクトなハイブリッドシステムは、「パワー・ウェイト・レシオの改善」にも貢献するが、さらに、モーターからは100PS(仏馬力)以上の出力を発生させていることで、ハイブリッドシステムによる重量増をカバーしている。これにより「全回転域でのトルクの改善」が可能になったという。

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.


トランクルームをのぞき込んだところ。底に見えるのは、ハイブリッドシステムトランスミッションとエレクトリックパワーコントロールユニット

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.


トランスミッション後部に結合されたモーターには、フェラーリの跳ね馬が付く

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.


ハンドリングと乗員のスペースを犠牲にすることなく、既存のドライブトレーンとハイブリッドシステムを合体させる

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.

Copyright(C)2010 Shweeb Monorail Technology, All rights reserved.


ハイブリッドシステムの制御にはF1で得られたノウハウが活かされている

このハイブリッドシステムは、フロントエンジン、リアエンジンのどのフェラーリにも適用できるというからすごい。かつてフェラーリを含むスポーツカーにAT(オートマチックトランスミッション)が搭載された時、スポーツにATは似合わないと賛否両論が繰り広げられた。しかし、現代のクルマはATでも十分スポーツが可能になった。近い将来、スポーツカーもハイブリッド、そして電気や水素になることは間違いないだろう。しかしながら、あの勇ましいエンジン音が聞けなくなると思うと、なんだか寂しい気もする。

フランクフルトモーターショー2009に見るエコカー戦略