グリーンズの学校でほしい暮らしも、ほしい仕事も、自分たちでつくろう。

greenz people ロゴ

地下鉄から大量のリンゴが…怒涛の勢いでメッセージを叩き込むCM

city-harvest-apples

今年最初にご紹介するソーシャル広告は、
去年youtubeで話題になったバイラル動画です。

まずはご覧ください。

地下鉄のホームで
電車が来るのを待つ女性。電車が着きますが、
その電車には青りんごがたくさん詰まれています。

ドアが開くと同時にドドドドーッと
大量のリンゴがホームになだれこんできて…
構内のアナウンスからはこんなメッセージが。

「飢える人がいる一方で、このNYCでは.
 大量の食料が浪費されています。」

これは食糧支援のNPO、
City HarvestのバイラルCMです。

リンゴで驚かせて心理的なガードが
甘くなっているところに、
メッセージをナレーションではなく
構内のアナウンスという
そのシチュエーションになじんだ方法で
伝えているのがウマいと思いました。

30秒という短い秒数ですが、
メッセージはしっかりと刷り込まれますね。
そして、人に伝えたくなります。

CMですべてを説明しようとするのではなく、
その後の展開を考えて割り切って
つくってあるところがクレバーだと思いました。

ソーシャル系の活動は内容が独特だったりして、
ついつい情報の量が多くなってしまいますが、
広く伝えるためには割りも大事なんですね。

※メイキングもなかなかスゴいです。
撮影にiPhoneをつかったりしています。