\12周年、タグラインをリニューアルします/

7月16日からgreenz.jpのタグラインは「ほしい未来は、つくろう。」から「いかしあうつながり」に変わりました。

詳しくは編集長鈴木菜央のコラムを読んでもらえると嬉しいです。

7月16日、greenz.jpのタグラインは「いかしあうつながり」に変わりました。

greenz people ロゴ

「土と平和の祭典2009」終了!あのピースフルな空間をもう一度!

tsuchitoheiwa_4

うそのように澄み切った青空が広がった10月18日(日)、ビッグな農イベント「土と平和の祭典2009」が盛大に開催されました。東京のド真ん中、日比谷公園に突如現れたピースフルな楽園。行けなかった方にもぜひこの空気をぜひ感じていただきたいので、今日は「土と平和の祭典2009」振り返りレポートを、楽しみ方別に紹介していきます。来年行く時の参考に、思い出の振り返りに……お楽しみください!

楽しみ方その1:のんびりする

会場である日比谷公園の中央に広がるのは、広大な芝生エリア。ここを中心にステージや出店テントが周囲を囲んでいます。

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

休日は家族連れやカップルでのんびりとした空気が広がる日比谷公園。まずはここで敷物を広げ、寝転がってみましょう。秋の空気を感じながら、何にもしないでのびのびゆるゆる。都会の喧騒を忘れて自然と太陽に身を委ね、贅沢な時間を過ごすこと、これが一番です!そして、寝転がりながら「地球の歩き方」(greenz.jpが編集!)とパンフレットで、お目当てのイベントやお店をチェック!ゆるゆるな一日の始まりです。

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009
空にも注目!

楽しみ方その2:食べる

やっぱりイベントの楽しみは食べること!飲食出店テントの並ぶ「種まき食堂」「種まき酒場」では、各店舗が自慢のメニューを用意して皆さんをお待ちしています。お昼時には、マイ食器やマイ箸を持った人で大行列もできるこのエリアには、常に元気な呼び込みの声が響き渡っていましたよ。

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

今年出店の全12店舗の中から私が選んだのはfrom the Earth Cafe”OHANA”のお豆と野菜のラップサンド。そして、右のマボトルに詰めていただいたのは東久留米市から出店のYOUR BIG FAMILYさんのゆずジュース。

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

どちらもやさしい素材の味が生きていて、身体に浸みわたる美味しさでした!なにより販売されている方の顔が最高!自慢の料理を自信を持ってお勧めしてくれるので、とっても楽しく、そして安心していただくことができるのです。ここでは会話を楽しみながら、お好みのランチやおやつを選んでみるのがオススメです。

tsuchitoheiwa
取材に同行した副編集長が頼んだのは、新鮮野菜がたっぷりのカレー。もちろんマイ食器持参です。

tsuchitoheiwa_2
おやつもいろんなお店で用意されていました

楽しみ方その3:聞く(聴く)

会場内にはトークやライブを楽しめるスペースがあり、多彩なゲストを迎えたトークが展開されます。今年は3箇所のうち、2箇所がトークステージ。大木でできたテーブルが印象的なこちら、「種まきトークステージ・平和[peace]」では、“半農半Xの種を播く!”と題した熱いトークが展開されていました。

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

お客さんが目の前のテントに敷かれた御座の上で、のんびりと、でも真剣に聞き入っている様子が印象的でした。もう1つの「種まきトークステージ・土[earth]」では農家の方々や就農に関するトークが繰り広げていて、どちらも見逃せないステージとなっていました。

さらに、すごいのがこちら。何気なくテントエリアを歩いていたら、「お茶の間トーク」の張り紙と人だかりが…

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

ここで熱心に語り合っているのは、女優の吉本多香美さん、映画監督の鎌仲ひとみさん、非電化工房の藤村靖之さん、荒木農場の荒木茂信さんという超豪華な顔ぶれ!“暮らしをかえる、世界がかわる!”をテーマに、環境問題、平和、エネルギー問題などを取り上げ、新しいライフスタイルについてのトークが繰り広げられていました。こんな方々と一緒に、お茶の間に座ってトークなんてことができてしまうのも、このイベントの醍醐味なのです。

そしてなんといっても目玉はメインの「種まきビッグステージ」

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

午前中、いとうせいこうさん率いるTHE DUB FLOWERサヨコオトナラなど個性的なステージが会場を盛り上げ、午後は観客のエネルギーも大爆発!会場がひとつになってみんなで踊ったソウル・フラワー・モノノケ・サミットのステージから、Yaeさん、加藤登紀子さんのエンディングまで、平和を奏でる音楽が日比谷の街に、そしておきゃくさんの心に、響き続けていました。

楽しみ方その4:遊ぶ

ファミリーが思いっきり楽しめるのも、このイベントのよいところ。会場中央の「ワクワク種まきランド」では、子どもが楽しめる遊び道具やワークショップがいっぱいです。

tsuchitoheiwa2009

餅つきしたり…

tsuchitoheiwa2009

脱穀体験したり…

tsuchitoheiwa2009
これは竹でできた大きなジャングルジム!その横では竹馬に乗る子ども達もいて、普段の遊具とは一味違ったた遊びに、みんな夢中。一日中、子ども達の歓声と笑顔で溢れていました。もちろん、オトナも一緒に楽しめますよ。

楽しみ方その5:買う

一通り遊んだら、最後はやっぱりショッピング!「種まきファーマーズマーケット」はじめ、会場内の至るところで農産物、雑貨、パン、古本などが販売されています。

tsuchitoheiwa2009

新鮮なお野菜はもちろん盛りだくさん。自慢の農産物を作り手の方が詳しく説明して、オススメしてくれます。手書きのPOPもいい感じですね。

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

大人気の天然酵母パンは、売り切れ必至。早い者勝ちです。

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

こちらは天然素材を使ったアイデア商品が並ぶ雑貨エリアで見つけた、炭で作ったオリジナルアクセサリーのお店。とってもお洒落でかわいいデザイン(と、デザイナーさん)に一目ぼれ!

greenz/グリーンズ tsuchitoheiwa2009

この他にもお米、お酒、調味料、果物、お菓子、洋服、カバン…などなど、全国各地から自慢の商品が一堂に会するこの場所では、思わず買いだめしちゃうこと間違いナシ。イベント終了間近には、お得すぎる割引セールも開催!来年行かれる方は、大き目のマイバッグ持参で参加することをオススメします。

以上、「土と平和の祭典2009」レポート、お楽しみいただけましたか?とにかく過ごし方は無限大!この場所に行けば、あなたなりの農の楽しみ方がきっと見つかるはずです。

来年も晴れますように。
そしてまたこの場所で会いましょう!