【Blog Action Day 2009】この危機を、絶望で終わらせないために。

blogactionday_02

今日はBlog Actoin Day

今年のテーマは「気候変動」。
またか、という感じもありますが、
まだか、と思うくらい、
気候変動対策は進んでいないのが現状です。

仮にいますぐに温室効果ガスの排出を
なくしたとしてもいま地球を包んでいる
温室効果ガスは残り続けるので、
気候変動の被害は避けられません。

気象庁は、対策がなされない場合、
日本の平均気温の上昇は世界平均を
0.3〜0.6度上回り、
洪水、土砂災害、砂浜の喪失、高潮被害、
熱ストレスによる死亡リスクが増大し、
被害額は年間なんと17兆円にのぼると試算しています

被害を少しでも小さくするためにも、
いますぐに、対策をとる必要があります。

このブログでもたびたびとりあげていますが、
私は気候変動を解決するための
ひとつの答えとして、R水素。
つまり、再生可能(Renewable)なエネルギーで
できる水素に注目しています。

●今さら聞けない”R水素”入門編!
R水素が世界を変える10の理由とは(greenz.jp)
https://greenz.jp/2009/08/20/rhydrogen/

●2分でわかるR水素社会(greenTV)
http://www.japangreen.tv/journal/#/000629

効率の面や安全性の面で
まだまだ課題が残るR水素ですが、
そこにつぎ込まれる人的資源や資金が多くなれば、
技術的なブレイクスルーが起こるでしょう。

より多くの人がその可能性を知り、
「どうして国や企業はR水素に取り組まないの?」
という空気をつくっていくことが、
ブロガーにできることなのかなと思っています。

R水素のことをもっと知りたい、
という人は、NPO「R水素ネットワーク」の
メルマガに参加することをおすすめします。

いま私たちは危機に直面していますが、
この危機は人類がひとつになるための
チャンスでもあります。

いま、行動しましょう。
Blog Action Today!