グリーンズ新刊「ほしい未来をつくりたい人のためのブックガイド」

greenz people ロゴ

あなたの仕事の生産性を上げる「3つの観葉植物」はこれだ!

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by ma.co.

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by ma.co.

インドのグリーンなオフィスカンパニー「GreenSpaces」の研究によると、ある3つの植物を室内で育てると、きれいな空気を作り出すだけでなく、なんと人間の生産性まで上げてくれるという。

GreenSpacesは15年もの間、300人以上の人が働く約50,000平方フィート(約1405坪)のビルのフロアで、3つの観葉植物を1200鉢育ててきた

世界的にエコロジーの機運が高まる前だろうに、15年も前からこのような実験を始めていることにも驚くが、これだけの規模の実験を15年という歳月を掛けて完遂していることには、驚きを通り越して感動さえ覚える。

2008年9月に発表された研究レポートによると、そのビル(以下Greenビルと呼ぼう)の中に10時間居ると42%の確率で血中酸素濃度が1%上昇するという。この結果に、インド政府も「Greenビルはデリー市内で最も健康的なビルだ」と太鼓判を押している。

ではなぜ人間の生産性まで上がるのか?
Greenビルで働く人は、デリー市内の他のビルで働く人に比べて、以下のような身体症状が少ないという結果が出たのだ。

    目の炎症  −52%
    下気道症状 −34%
    頭痛    −24%
    上気道症状 −20%
    肺機能障害 −10〜20%
    喘息    −9%

どんなに優れた能力のある人でも、心身ともに健康でなければ、最高のパフォーマンスは発揮できない。ということは、他のビルより健康な人が多いGreenビルは、結果的に他のビルよりも生産性が高いということになる。

「これは早速仕事場に導入しなければ!」という訳で、その気になる3つの観葉植物をご紹介。

greenz/グリーンズ 3plants

(1)アレカヤシ(Areca Palm):左

・日中によく活動する(リビング向け)
・一人につき肩くらいの高さのものが4つ必要
・3〜4ヶ月に1回くらい外気にあてること
・空気の悪い場所なら毎日、普通の場所なら月に1回くらいは葉を拭くこと
・土栽培で肥料を与えるか、水栽培で育てる

(2)サンスベリア(Mother-in-law’s Tongue):中央

・夜間にCO2を酸素に変換する(寝室向け)
・一人につき腰高のものが6〜8つ必要
・アレカヤシと同頻度で葉を拭くこと
・土栽培で肥料を与えるか、水栽培で育てる

(3)ポトス(Money Plant):右

・ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)を除去する
・水栽培に適している

これからの時代、観葉植物はオフィスのマストハブアイテムになるのかもしれない。一人当たりに必要な量が意外と多いので少々場所を取りそうだが、まずは1つから始めてみるのもいいだろう。もちろん、オフィスだけじゃなく自宅にも置いて、きれいな空気で最高のパフォーマンスを!

[via cleantechnica]

今すぐ「3つの観葉植物」を買う。

とりあえず「3つの観葉植物」をレンタルで。