12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

【ブログメンタリー:30aHEADS(サンジューアヘッズ)】 Vol.3がスタート! 今回は旅する写真家 鈴木洋見さん

suzukihiromi

3/20(金)からスタートするブログメンタリー「30aHEADS(サンジューアヘッズ)」第3弾のゲストは世界中を旅しながら写真を撮りつづけるDaiさんこと、鈴木洋見(すずきひろみ)さんが登場!

まずはPV動画をどうぞ。

本編シリーズはこちらから!
それでは、この映像を制作しているぎぎまきさんからのメッセージをどうぞ。

■ ドキュメンタリー映像作家ぎぎまきさんからのメッセージ

30aHEADSで撮影する方々はみな初めて会う方ばかりなのに、今回のDaiさんもまた、素をさらけ出してくれる方でした。そういう「自分をさらけだせる人」が発する言葉というのはとても純粋で、人の心に何かを届けて行くものです。そうした素敵な言葉がたーくさん出てきます。

必要以上のルール、情報、物質に囲まれた都会の生活に窮屈さを感じている人でも、少しだけの変化を起こすことで、明日の景色が変わって行く。もっと楽しく、自分らしく生きていくことができる。それを田舎に移らずに東京で実践するDaiさんの日常は、彼の世界放浪のお話と同じくらい印象の強いメッセージです。「
僕は東京のど真ん中で旅をしていきます!」という言葉からそれぞれにメッセージを受け取ってもらえたら嬉しいです。

鈴木洋見さん(旅名Daiさん)

ドキュメンタリー フォトグラファー。1977年 横浜生まれ、横浜市在住。旅名はDai。

18歳~23歳までの5年間、プロキックボクサーとして活躍。引退後3年半に亘り世界を旅して回り、独学で写真を撮り始め、以後、エチオピアを中心に世界各地で写真を撮り続けている。また、エチオピア基金を自ら立てて、集まった募金で毛布やパンを買い、現地で1人1人の顔を見ながら渡していく活動を行っている。

日本では、都心近い田園風景の中で暮らし、家をギャラリー兼ワークショプスペースとして解放。田舎暮らしをするのではなく、「東京のど真ん中で旅をする」を大切にし、自分自身の足下からバランスの取れた暮らしを身体で表現している。

↓3/24から始まる写真展の情報はこちら

■鈴木洋見さんのブログ「わたりがらす放浪記」
http://ameblo.jp/watarigarasu163/entry-10219118289.html
■コニカミノルタHP
http://konicaminolta.jp/plaza/schedule/2009march/gallery_a_090324.html