ゴミも積もれば広告になる?!バス停での実証広告

チリも積もれば山となる、
ということわざがあります。

わりといい意味で使われることわざですが、
これをそのまんまやると、
とても不快なものになっちゃいます。

「ポイ捨て禁止!」と
いくら言ってもなくならない
ゴミのポイ捨てをなくすために、
ニュージーランドのバス停で
実証的な広告が実施されました。

20081217-01.jpg

バス停の広告枠が透明になっていて、
そこにバス停のまわりで拾われたゴミが
どんどんたまっていきます。

そして
「これは月曜からバス停のまわりで
 捨てられたゴミです。きれいにしましょう。」

というコピーが書かれています。

写真で見るとポップですが、ゴミです。
近くで見ると、きっと汚いでしょう。
臭いもするかもしれません。
自分が捨てたゴミが公衆の面前に
さらされるのも恥ずかしいですね。

耳が痛い話は、
言葉で言われても伝わらないもの。
心に刺さるようなアプローチが大事なんですね。