読者のみなさんにお願いです。greenz.jpを寄付でサポートいただけませんか?

greenz people ロゴ

続報!「1年間ゴミを捨てません!」宣言をした男:その結果と今後の活動を報告!

David Chameidesさん

David Chameidesさん

昨年11月にgreenzで紹介した1年間ゴミを捨てずに生活した『Sustainable Dave』こと、David Chameidesさん。
彼本人も感心してしまったという、そのスゴイ結果をご報告!

まず、Daveが昨年12月31日に「たな卸し」したゴミのコレクションは以下のとおり。

・一般家庭ゴミ:約13.9キロ(約14.1キロ)*1
・プラスチック袋:約1.8キロ(約1.6キロ)
・e-waste:約5.5キロ(約4.0キロ)
・紙類:約31.6キロ(約23.4キロ)→リサイクル
・ボール紙:約8.7キロ(約6.6キロ)→リサイクル
・その他リサイクル:約12.0キロ(約9.8キロ)
・ピザのボックス容器:9個
・テトラ・パック容器:11個
・ガラス瓶:153個
・カップ類:14個
・アルミニウム缶:2個
・プラスチック瓶:64個
(ビン・容器類:163個)
(雑誌類:約12.7キロ)*2

カッコ内に記載したのは、昨年8月1日時点のゴミの詳細。
比べてみると、Daveが1年間で、ゴミを出さない生活にどんどん移行していったことが分かる。
(注1:一般家庭ゴミの量が減っているのは、秤をより正確なものに変えた結果だろうとのことです。)
(注2:雑誌類は、昨年中に病院に寄付済みで、1月1日の時点では保管していなかったのでリストから外したそうです。)

今年の元旦、1年分のゴミのコレクションは処分された。
その模様は以下の動画でどうぞ。


Takin’ Out The Trash from Sustainable Dave on Vimeo.

当日のブログには、こう書かれている。

何かを「捨てる」という今朝の行為は、ものすごく奇妙な体験で、まぎれもなく僕を落ち着かない気分にさせた。もう以前と同じような考え方はできないと思うし、それは良いことなのだと思う。

ちなみに、1人のアメリカ人が出す一般家庭ゴミの量は、1年間で平均772キロ。なんとDaveは、その約2%しか一般家庭ゴミを出さなかったのだ!

過去に例のないプロジェクトを1年間まっとうして、予想以上の結果を出したDave。しばらくお休みするのかと思っていたら、さっそく新しい活動を始めていた。彼は新しく開設したウェブサイトにアップした動画で、今後の抱負を語っている。


SD Welcome Video from Sustainable Dave on Vimeo.

「何でもできる人はいないけど、何かをすることは誰にでもできる」というキャッチコピーがついたこのサイト。Daveが自らの体験で身につけたヒントやコツ、環境情報などが、きちんと整理されて紹介されている。Daveはこのサイトを、自身が情報を発信する場だけでなく、よりサステナブルな生活を目指す人たちが意見やアイデアを持ち寄り刺激しあう交流の場にしたいそうだ。

そんな彼の意気込みを感じて、私もさっそくTreeHugger から最近入手した情報を提供してしまった。さあ、あなたもDaveの新しいサイトを訪ねて、サステナブルな生活に近づこう!