12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

賞金1,000万ドル!グーグルが「世界に役立つアイデア」を募集中!

google10-100

街を歩いているとき、友達と会話しているとき、ふといいアイデアが思いつくことは誰にでもあるはず。「もっとこんな形なら便利なのに。」「こうしたらもっと使えるようになるんじゃない?」日常にアイデアはあふれている。自分の力だけでは実現できない、そんなアイデアを実現するチャンス到来!
グーグルでは1,000万ドルの実現資金を用意して、役立つアイデアを世界中から募集している。グーグルならではのビッグな「プロジェクト10の100乗」の詳細を見てみよう。まずはこちらのプロモーション映像からどうぞ!


このプロジェクトの応募概要に記されている条件はこれだけ。

「プロジェクト 10 の 100 乗」では、世界のできるだけ多くの方々の役に立つ画期的なアイデアを募集します。

応募の際は、「コミュニティ」「機会提供」「エネルギー」「環境」など8つのカテゴリーからひとつ選択し、アイデアを応募フォームから送信する。動画で伝えたい場合はYouTubeにアップすることもできる。

選考基準は、「どのくらい多くの人々に影響を与えるか?」「どのくらいシンプルで費用対効果が高いか?」「影響はどのくらい持続するか?」などを総合的に判断される。googleが選んだ100のアイデアの中から投票で20を選定し、最終的に選考チームが5つに絞り、賞金が確定する。

グーグルは、このプロジェクトを実施する理由として、下記のように説明している。

必要最小限の物質的な豊かさの中で、個人がより幸せを感じるのは人の役に立つことである、というシンプルな見方が強まっていることが判明しています。つまり、人の役に立つことは、自分の役にも立つ、ということです。

どうすれば人の役に立てるのか、

答えはいたるところに存在するはです。

人に役に立つアイデアを応募し、実現することによって、自分の役にも立ち、幸せを感じることができる。そう思うと、ワクワクしてきませんか?

プロジェクトの名前「10の100乗」は、グーグルの企業名の由来となった造語“googol”(1のあとに0が100個連なった数字)に由来するもの。天文学的に大きな数字で、どんな星や原子でもこの世にそんな数多く存在するものはないのだとか。いったいどんな数字なのか想像もつかないが、あなたのひとつのアイデアから、そんな無限大の可能性が広がるかもしれない。

応募期間は10月20日まで。無限大の夢とともに、応募ページへGo!