\12周年、タグラインをリニューアルします/

7月16日からgreenz.jpのタグラインは「ほしい未来は、つくろう。」から「いかしあうつながり」に変わりました。

詳しくは編集長鈴木菜央のコラムを読んでもらえると嬉しいです。

7月16日、greenz.jpのタグラインは「いかしあうつながり」に変わりました。

greenz people ロゴ

みどりの森をプレゼントできる「エコロギフト」

エコロギフト | greenz / グリーンズ

エコロギフト | greenz / グリーンズ


大切な人に贈りものをするならば、心に残る特別なものを贈りたい。エコロギフトは、プレゼントをしつつ、社会貢献もできるという心くすぐる贈り物である。

エコロギフトのホームページで、申し込むと日本ユネスコ協会連盟白神山系〜岩木山への植樹ができる。白神山地は、青森県と秋田県にまたがる13万キロヘクタールにも及ぶ広大な森だ。1993年には、世界自然遺産に指定された日本が誇る土地のひとつである。エコロギフトではこの白神山地付近の岩木山に広葉樹の植樹を行っている。この場所に植樹をした証に、発行される木のフレームに入った証明書とメッセージカードが一緒に贈り物として届けられるというわけだ。ちなみに、植樹は一本¥10,500(税込)となっていて、オプションをつけることも可能である。

greenz.jp/グリーンズ エコロギフト証明書

例えばこんな使い方はどうだろう。
1.出産のお祝いに
→子どもの成長と共に育っていく木→ロマンチック!
2.引っ越し祝いに
→インテリアをあげるとしても趣味がわからない
→植林だったら場所もとられず贈られた方も思わぬ社会貢献ができてうれしい!
3.開店開業祝いに
→他社から来た花のギフトで職場が埋まってしまう→しゃれた贈りものに先方もにっこり!

まあ、他にもいろいろと用途はあるが、いずれにしても記憶に残る贈り物になることは間違いないだろう。さらに、エコロギフトでは、古紙や切れ端を使った絵が心を和ませてくれる「木をめぐる物語」はアーティストユニット「tupera-tupera」の作品を用いたインテリアとして部屋に飾りたくなる証明書も展開している。
 

greenz.jp/グリーンズ エコロギフトの証明書 by tupera-tupera
エコロギフトの証明書 by tupera-tupera

ちょうどバレンタインの時期。こんな贈り物をしてみてもいいかもしれない。
「この木とともに、二人の愛も育んでいこう」
なんて、ちょっとキメすぎ!?