\いまだけ入会特典/ People’s Books バックナンバープレゼント

greenz people ロゴ

アーティストが提案するアーバン・ファーミング

「hot summer of urban farming」は、デンマークのアーティストらによる、公共空間のグリーンな使い方を提案するプロジェクト。

実際に舞台となったコペンハーゲンでは、フレッシュエアーを持ち運べる「oxygen greenhouse」や、たくさんの種類のじゃがいもを植える「potato perspective」などが突如出現したようです。

その他にも都市と農をつなぐ興味深いプロジェクトやリソースが豊富なので、ご興味のある方はぜひ!

hot summer of urban farming – 8 visual artists in the city and on the web

Over the summer, 8 artists from Denmark and abroad have made temporary works, gardens and plantations in outer Nørrebro, Copenhagen. The projects explores informal and temporary uses of spaces that are undetermined. An oxygen greenhouse, a project about what can be grown in the city and a dandelion town are among the works. The website has a big resource section and shows the works online should you not be in the Copenhagen area.

via:free-soil.org