米国でヘンプ栽培の合法化か

この法案の可決により、下院での投票結果次第で、カリフォルニア州の農家は、ヘンプに含まれる幻覚および多幸作用があるTHCが微量であると証明できた場合に限り、ヘンプの栽培を実施することができる。また農家はカリフォルニア州の農産物加工業者に限り、販売取引をしてもよいとされている。

ヘンプは、洋服、おもちゃ、紙、食料品、化粧品など様々な商品に利用できる環境に優しい植物であり、特に食料品としては、プロティン、ビタミンB、また繊維質を豊富に含んだ健康食品としても注目されている。しかし、アメリカ(を含むほとんどの国)では、「ヘンプは、麻薬物質(THC)を含むマリファナと同種の植物であり、同じ畑内で混同して栽培しやすいなどの抜け道がある」として、麻薬局の厳しい 審査をパスしない限り、栽培することが許されていなかった。

Organic Consumers Association
http://www.organicconsumers.org/2006/article_1568.cfm