パーマカルチャーでエコジェンヌ!?

イベント制作担当の宮内朱美が綴るプチ・エコライフ

7月23日(日)、山中湖で行われた「パーマカルチャー農園づくりワークショップ2006」に行ってきた。そもそも農園とかパーマカルチャーとかにてんで疎い私ですが、私の尊敬するエコジェンヌ“麻衣ちゃん”がコーディネートしたワークショップであることと、今私ががっつり取り組んでいる「エコビレッジ国際会議TOKYO2006」(10/28-29開催!!)をより素晴らしいものにするために、見識を深めよう!! と、けっこうまじめな理由もあって、小雨の降る中、山中湖を訪れました。

ワークショップを行った場所は、来年オープンする「PICA山中湖ヴィレッジ」の建設予定地。今は何もないただの森だけど、ここにとっても未来志向の村ができるのです! エネルギーの循環、水の循環、生命の循環等といったパーマカルチャーの考え方からなる“村”だというのですから、本当にワクワクします!!

この日は、みんなで、パーマカルチャーデザインの渦巻きガーデンにハーブを植えました。「ハーブの気持ちになって、お日様を心地よく浴びれるように心を込めて植えましょう」という先生の言葉に、みんな真剣にハーブの苗木をいろんな角度から眺め、一番生き生きと葉の茂る方向をしっかり南に向けて、土に植えました。

ハーブの気持ち、森の気持ち、鳥の気持ち、虫の気持ち、大地の気持ち……。そんなことって普段なかなか思いを馳せることができないけど、土に触れると不思議と自分が自然の中にとけ込んでいくようで、とっても開放的なゆったりとした時を過ごすことができました。

ちょっとエコジェンヌに近づいたかも!?

パーマカルチャー
https://greenz.jp/index.asp?REPORT_NUM=72