大富豪がグリーンな世界に投資!

ビル・ゲイツと言えば、言わずと知れた世界一のお金持ちである。そんな彼が妻であるメリンダ・ゲイツらとともに設立したのが、「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」。現在約290億ドル(3兆1900億円!)もの資産を持ち、2005年には「ワクチンと予防接種のための世界同盟」に、民間としては最大規模の7億5000万ドル(約770億円)の寄付を発表したり、マラリア研究に2億5830億ドル(約284億円)を助成したりと、とくに発展途上国の医療や教育の向上に貢献している。そこに世界2位の富豪の資産(報道によると同氏の資産の85%にあたる400億ドル(4兆4000億円!))が合流するというのだからスゴイ。

だいたい、どうしたら一人の人間がそんなにお金を持つことができるのか、理解に苦しまないと言ったら嘘になりますが、少なくともそのお金を世界を良くするために使う、というのはいいニュースだ。

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団のウェブサイトにはニューヨークで行われたセレモニーの様子が動画で観ることができる。その中でバフェット氏のコメントが印象深い。「世界を良くするために、私よりも良い使い方ができる人に任せる。シンプルな話だよ」

あなたも、引退したら資産をNPOに寄付してみる?

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団
http://www.gatesfoundation.org/