greenz people は、ほしい未来をつくる仲間たちです。

greenz people ロゴ

四井さんの循環する暮らしへのこだわり

四井さんの家では、アレも循環しています。
greenzのブログ「土水木の暮らし」を書いている四井さんは天ぷらカーオーナーですが、四井さんの循環する暮らしは天ぷらカーだけではありません。今回の「天ぷらカーで行こう」は、パーマカルチャリストでもある四井さんの循環する暮らしを覗いてきました。

じゃ〜ん、これがパーマカルチャリスト四井さんの天ぷらカー。車種はフォルクスワーゲン「ゴルフIII CLD」。いわゆるディーゼル車なんですが、天ぷら油を燃料として使えるようにしてあります。

前回お話しした通り、使い終わった天ぷら油のゴミを取り除いて(具体的にはネルドリップのように漉して)そのまま燃料にしてディーゼルエンジンで燃やしてしまおうというのが「天ぷらカー」。で、その燃料が「SVO(Straignt Vegitable Oil=そのままベジタブルオイル)」。使い終わった天ぷら油でクルマが走るなんて、素敵でざんしょ?

ガソリンは粘性(ねばねば度)が低く、軽油もまあまあ低い。ところが、SVOってとろとろで粘性が高いのです。だから、燃料タンクから管を通って、エンジンに流れ込みにくい。

そこで、天ぷらカーには燃料タンクとエンジンの間にアタッチメントがついています。SVOの温度をちょっと上げてサラサラに(粘度を低く)して、SVOがどんどんエンジンに流れ込むようにして、さらに最後にゴミを取り除くフィルターがついているのです。

どんなディーゼルエンジンもSVO対応になるわけではないけど、おおかたオッケーらしいのです。ヨーロッパなんかでは、普通乗用車の50%がディーゼル車ってくらいだから、新型のクルマに対応したSVOキットも販売しているようです。

reporteditleft_170
四井さんちのイケメン赤ちゃん

で、週末に彼のお家に行って来ました。山奥なんですが、これが素敵なところ。ついでに彼自慢のご子息を拝見。すんごいハンサムです。普通、赤ちゃんはプックリした膨れっ面しているのに、このコはスリムなイケメン。う〜ん。

その四井さんがスゴイのは生活全体で「循環」にこだわっていること。勿論、地球環境のことを考えて。
で、トイレもカナダ製のコンポストトイレに変えてしまいました。
お値段は27万円。

カナダ製のコンポストトイレ
循環!!

見せてもらいましたが、写真のようにちょっと高めの便座位置。
で、用を足し終わったらオガクズをまく。で、クルクルとハンドルを回して処理。結果、最後の写真のように悪臭もない素敵な堆肥になります。これを畑に使っているそうです。

このへんの詳しい話は四井さんがやっているブログ
「木水土の生活 パーマカルチャリスト四井真治がつづる持続可能の智慧満載のブログ」にて展開する予定だそうです!

四井さんの生活は、ほんと循環だ…、う〜ん。(こ)

BeGood Cafeのプロジェクト SVO
http://begoodcafe.com/projects.php?project=10