ISSUE

鳥取

infoグリーンズからのお知らせ

popular暮らしのものさし 食と農

「タルマーリー」は“パン屋”じゃなくなった? 渡邉夫婦が移転の先に見つけた、あえて仕事と暮らしのバランスをとらない生き方。

SHARES 寄稿者 writer
2016.10.21

popularまちづくり

ここじゃない場所、いまじゃない時代とつながる、まちの“どこでもドア”。「鳥の劇場」演出家・中島諒人さんに聞く、地域に必要とされる劇場って?

SHARES Naoko Takahashi writer
2016.02.16

popular子ども 編集学校の卒業作品

大切なのは、環境よりも大人の振る舞い方。93%が森林の町で実践する、子どもの力を引き出す”見守り保育”「森のようちえん まるたんぼう」

SHARES 寄稿者 writer
2015.01.31

popularまちづくり

移住先は”何もないところ”がちょうどいい!和紙ピアスから山カレンダーまで、鳥取に潜む良さを発信する「うかぶLLC」

SHARES ヘメンディンガー綾 writer
2014.07.18

issueまちづくり

「何もないなら作ればいい!」の精神で、鳥取の楽しめる田舎を作るプロジェクト「トリクミ」

SHARES Junya Mori writer
2014.03.03

issue☆日本と世界のソーシャルデザイン

カジカガエルの鳴き声FES!!、ヤマメ3万匹大放流FES!!…参加してみたくなる「AQUA SOCIAL FES!!」秀逸レポートBEST5!

SHARES 鈴木 菜央 writer
2012.08.21

popularまちづくり

地方で面白いことをやりたい人、集まれ! 目指すは、“山陰の創造力特区”。東京からいちばん遠いまち、島根県江津市で移住と起業があとをたたない理由って?

SHARES 平川 友紀 writer
2016.05.16

popularまちづくり

穴を見つけて、埋める。地域に暮らしながら、地域の魅力をカタチにして、売り出す仕事「シマネプロモーション」三浦大紀さん

SHARES ゲストライター writer
2015.11.12

issue食と農

たった2頭の牛から始まった、「本当の味」がする牛乳づくり。「シックス・プロデュース」洲濱正明さんが、島根の山間部で自然放牧を実現するまで

SHARES 丸原 孝紀 writer
2015.10.22

popularまちづくり 子ども

廃校の危機に直面している母校を救いたい! 島根県津和野町に住む中学一年生の男の子が挑戦するクラウドファンディングとは?

SHARES Kimura Eri writer
2014.12.03

issueまちづくり

百聞は一見に如かず!海士町合宿で学んだ「地域で仕事をする心構え」とは?「めぐりカレッジ」体験記(後編)

SHARES 平川 友紀 writer
2014.08.23

issueまちづくり

「めぐりカレッジ」1期生、高知の砂浜美術館・香庄謙一さんに聞く!「めぐりカレッジや海士町で得られた学びってどんなこと?」

SHARES 寄稿者 writer
2014.01.09

issueまちづくり

“いなかセンス”と”とかいセンス”、どっちも大事!地域コーディネーターを育てる海士町の「めぐりカレッジ」体験記(前編)

SHARES 平川 友紀 writer
2013.11.21

issue食と農

「理想と現実のギャップを埋める」。島根にIターンして3年、シングルマザーの”おーなんさん”に、田舎暮らしのリアルを聞きました。(後編)

SHARES 丸原 孝紀 writer
2013.10.18

issue食と農

「邑南町に救われました」。島根にIターンして3年、シングルマザーの”おーなんさん”に、田舎暮らしのリアルを聞きました。(前編)

SHARES 丸原 孝紀 writer
2013.09.26

issueまちづくり

この秋、グリーンズも海士町へ!「巡の環」阿部裕志さんに聞く「”地域づくり会社×メディア”だからできること」

SHARES 平川 友紀 writer
2013.09.05

populara Piece of Social Innovation まちづくり

離島で起業し、自分たちの未来をつくる!「巡の環」代表・阿部裕志さんが海士町で見つけた、ブレない未来のつくり方

SHARES 増村 江利子 writer
2013.06.28

issueまちづくり

農村の現状は?Uターンの現実は?島根で農家民泊を開く”はすみの百姓”今ちゃんに聞いてみた

SHARES 丸原 孝紀 writer
2012.08.31

issueまちづくり

“50年後の日本”のために今できることは何だろう?大学生が「町長付」で活性化に取り組むプログラム「Innovation for Japan」

SHARES Junya Mori writer
2012.01.05

issueまちづくり 食と農

「海士町」と「大地を守る会」が考える!”残したいものを自分たちで守るために”できること

SHARES 柿原 優紀 writer
2010.11.30