EVENT

2 years ago - 2014.03.04

- 2014.03.29

SHARES  

【イベント】3/29〜30 ひとり、夜の森で眠る。地球回帰。「山中厳冬サバイバル・プログラム」in土佐山

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。



s_DSC00256

一晩ひとり森の中で過ごすことで、何が得られるのか明確な答えはありません。
古来、わたしたちの祖先は森で暮らしていました。

森でひとり眠ることがどういったものか人間として知っておきたくて、私たちが本来持っている感覚を探るために、サバイバルインストラクターの川口拓さんと一緒に企画しました。

川口拓さんは、ネイティブアメリカンの古来の教え、自然に逆らわない大地と共に生きるサバイバル術を、全国各地で教えている方です。

ネイティブアメリカンのような大地と共に生きる人々は、地球を「母」と称していました。

彼等にとって地球とは、生きていく為に必要なものを全て与えてくれる、正に母のような存在でした。

山中厳冬サバイバルでは、母なる大地で眠ることを経験し、自然に生きる為に必要なものは何かを学び、それを直接大地から受け取る方法を学んでいきます。

山中厳冬サバイバル・プログラム
http://tosayamaacademy.org/programs/20140329/

日程:3月29日(土)12:00 ~ 3月30日(日)12:00

講師:Wild and Native代表 川口拓さん
講師プロフィール: 野外活動家、サバイバル・インストラクター。1990年代からカナダやアメリカにて、雪山登山、ロッククライミング、カヌー、カヤック、野外救急法、野外教育法、ネイティブ・アメリカンの古来の教え、大地と共に生きるサバイバル技術等を学ぶ。 2001年よりネイティブ・アメリカンの古来の教えを共有する自然学校、WILD AND NATIVE主催。「母なる地球との繋がり」を感じる事をテーマとした様々な自然体験プログラムを実施している。テレビ東京「TVチャンピオン2 無人島サバイバル王選手権」、テレビ朝日「いきなり黄金伝説」撮影協力など、メディアへの出演多数。

【プログラム詳細】
■野生感覚の使い方 – 原始の感覚 ワイドアングルヴィジョン
■自分の命を支えるもの ~ サバイバルの基本知識
■シェルターの作り方 ~ 自分の寝床をつくる
■森を感じる 感覚瞑想
■源流域の豊かな森の中に眠る

【スケジュール】
3月29日(土)

12:00~
原始の感覚
自然の動きに逆らわず、自然の恵みの中で生きようとすると、感覚の使い方が変わっていきます。動き方が変わっていきます。野生動物のような、感覚の使い方を学んでみます。

自分の命を支えるもの ~ サバイバルの基本知識
自分の命が何に支えられているかを知り、命を守るために知っておくべき基本事項や優先順位、具体的な行動指標などを学びます。命を支えるために必要なものを、ひとつひとつ自然から得ていく方法を身に付けていきましょう。自然が人間を生かしてくれる体験 = サバイバル体験は、人間と自然の根本的な繋がりを教えてくれます。

命の家 シェルター
緊急時に役立つ、火など外部からの熱源なしで体温を保つ方法。森の中で、自分の居場所を選び、寝床をつくります。

森を感じる 感覚瞑想
五感の使い方を、自然の住人たちのように使ってみる技法、感覚瞑想のやり方を学んだ後、各自自然の中に入って実践してみます。

16:00〜
土佐山温泉
焚き火を囲んで夕食づくり
懇親会
夜の森を感じる - 感覚瞑想
各自、森の中で眠ります。
※安全等を考慮し、戻ってこれる距離にベースキャンプを設置します。
※当日の天候により、プログラムの内容が変更となることがあります。

3月30日(日) 9:00~
焚き火を囲んで朝食づくり
振り返りと共有


参加対象:どなたでもご参加になれます。アウトドア未経験の方も歓迎です。(高校生以上)
参加費:1泊2日 15,000円(受講費、傷害保険料、食費、施設利用費込)
※初日の昼食は各自済ませた上で、ご集合ください。

集合場所:土佐山夢産地パーク交流館「かわせみ」
集合日時:3月29日(土)12:00
解散日時:3月30日(日)12:00
開催場所:高知県高知市土佐山(源流域の豊かな自然が今も残る場所です)

持ちもの:
□寝袋(-20℃以下対応のもの)
ダウン、化繊など素材の種類がありますが、化繊は比較的安価でダウンに比べると重いです。(参考リンク)
□マット(参考リンク)
※ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。
□動きやすい服装(多少汚れてもよいもの) □履き慣れた靴 □雨具(カッパ)□帽子 □軍手 □筆記用具 □飲み物 □タオル □その他(常備薬など)
※あると便利なもの
□外でメモがとれるノート □デジカメ □リュック(水筒やタオルが入るもの)など

その他
・プログラムによっては、多少衣類が汚れる可能性がありますので、ご理解の上ご参加ください。
・1日目の夕食と2日目の朝食は、参加者全員で作ります。

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ