【イベント】9/25(金) 半農半Xを提唱する塩見直紀氏が語る、そもそも“生きる”とは?「シリーズ 第二回〜窒息しない経済を求めて〜」

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。


shiomihu

【そもそも談義 in 東京】~今こそ、本当の価値についての話をしよう~

若年層の人口が急速に減少し、経済活動が縮小していく「収縮する時代」に入った日本。これからを生きる私たちにとって、幸せな未来を手に入れる鍵となるのは、貨幣や物質などではなく、自然との関係や人間同士の関係に重きをおいた新しい価値観なのではないでしょうか。

【そもそも談義】は、この新しい価値観に沿ったこれからの社会の在り方、暮らし方を模索するために、まずは今の時代を解明しようという企画です。「近代は、人間が、幸せや自由を追求した結果として、不幸せになった時代」という現状認識に立った上で、その原因は何か、そもそも人間や社会、幸せとは何か、という本質を探求していきます。

【今回のテーマ】
第二回「窒息しない経済を求めて」

【今回の対談相手】
塩見直紀(しおみ なおき)氏
半農半X研究所 代表
信頼資本財団 シニアフェロー
1965年、京都府綾部市生まれ。株式会社フェリシモを経て、2000年、半農半X研究所を設立。
「半農半X(=天職)」コンセプトを約20年前から提唱。ライフワークは個人や集落、市町村までのエックスの応援(エックスデザイン、ワークショップ)とコンセプトメイク。台湾、中国、韓国でも講演をおこなう。総務省地域力創造アドバイザー。
著書:『半農半Xという生き方 実践編』『半農半Xという生き方【決定版】』『半農半Xの種を播く』など。『半農半Xという生き方』は中国語訳
他多数。

【ホスト】
熊野英介(くまのえいすけ)氏
当財団代表理事。アミタホールディングス株式会社代表取締役。一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク副代表理事。東北大学非常勤講師。
著書:『思考するカンパニー』(幻冬舎)、『自然産業の世紀』アミタ持続可能経済研究所共著(創森社)。

半農半Xの提唱者塩見直紀氏による「そもそも生きるとは?」シリーズご案内第二回 9/25(金) 〜窒息しない経済を求めて〜
【日時】
2015年9月25日(金)19:00-21:00  懇親会21:15-22:15※希望者のみ

【会場】
スカンジナビアン・センター

【住所】
〒107-0052 東京都港区赤坂2-18-12

【参加料】
1000円(懇親会ご参加の方は別途懇親会費をお支払いいただきます)

【申込み先】
http://shinrai.or.jp/event/0925

【ウェブサイト】
http://shinrai.or.jp/event/0925