EVENT

1 year ago - 2015.07.04

- 2015.07.27

SHARES  

【イベント】7/27(月)・30(木) 仕事旅行しませんか? 「復興バーで働く旅 × STAND UP WEEK」

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。


shigotoryokou_bar

STAND UP WEEK2015のメイン会場近くのまちかどにある、小さなバーが今回の旅先です。東日本大震災で天井まで浸水してしまった店内を、DIYで改装し、2011年7月にオープンしました。10人も入ればいっぱいになってしまうその小さなバーは、ISHINOMAKI2.0が運営しています。

ISHINOMAKI2.0は地元の若い商店主やNPO職員をはじめ、建築家、広告クリエイター、Webディレクターなど様々な専門家が集まった団体です。

震災前の状況にまちを戻すのではなく、新しいまちへバージョンアップするために、石巻内外の人たちを巻き込みながら、新しいコミュニケーションをかたちにしています。

復興バー以外にも、オープンシェアオフィスのIRORI石巻や、空き家を活用した移住・交流事業である2.0不動産、地域FMを使ったラジオ番組RealVOICEなど、さまざまなプロジェクトがあります。これらのプロジェクトは、常にハードルを低くして、誰でも入りやすいオープンな関係を心がけているといいます。

そのオープンな関係のひとつが、復興バーの日替わりマスター制度。様々な経歴をもつ魅力的な日替わりマスターたちに会いに、世界中から来たお客さんが毎晩ひっきりなしに訪れる、世界でひとつのここだけの交流の場となっています。

2013年からは銀座に場所を移して、期間限定「復興バー@銀座」を営業しています。

東北各地のお料理やお酒が楽しめるだけではなく、ここでも日替わりマスター制度を導入し、昨年は、特色あるマスターたちに会いに日平均120名、多い日で約200人を超えるお客さんが来店するという大人気ぶり。

被災地でボランティアをした方たちの再会の場としてだけではなく、石巻へ足を運んだことのない方にも、楽しみながら復興へ関わるきっかけになっているようです。

新しいまちのコミュニティづくりを体感する一日。
この旅では、復興バーのマスターであり、ISHINOMAKI2.0の代表を務める松村さんに、復興バーをスタートさせようとした経緯やコミュティスペースとしての復興バーの役割を伺います。

その後、オリジナルのドリンクメニューを考え、自分らしいバーテンダーコスチュームでお客さんに提供することができます。

バーテンダーに興味がある方はもちろん、新しいコミュニティづくりに興味がある方、松村さんの熱い話を聞きたい!といった方も大歓迎!

◆ ココがミドコロ!◆
松村さんはじめスタッフの方々の大切にしている働き方のポイントを伺いながら、復興バーの魅力が感じられます!

「復興バーで働く旅 × STAND UP WEEK」
【日時】
7/27(月),30(木)
16:00〜21:00 (5時間00分)

【会場】
復興バー

【住所】
宮城県石巻市中央1丁目8−8

【定員】
6名
(最少催行人数:2名)

【参加料】
1名:8640円

【申込み先】
下記ウェブサイトよりお申し込みください
(催行日7日前締切)

【ウェブサイト】
https://www.shigoto-ryokou.com/detail/314?flg=food

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ