【イベント】10/14(金)食べること、生きること「スクールランチ再考、”給食” を授業にしちゃおう」

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。


school_lunch_20161006

エディブル・スクールヤードを学ぶ勉強会「テラコヤ・エディブル」TOKYO VOL.3は、あの美しい学舎と生活を学びの中心に据えたユニークな教育手法で知られる自由学園で行います。

自由学園では、「生活即教育」を90年にわたり実践されていて、まさに「食育は全人教育」につながるエディブル・スクールヤードの手本となる知恵や技術がすでにここにあると感じます。

私たちはぜひともこの機会に、学園の伝統に裏付けられた教育理念と手法に近づき多くの学びを得たいと思います。

▼主旨
今回のテーマは、「給食」です。

自由学園では、「食べること」をとても大切にしています。学園内には菜園があり、幼稚園から大学まで、生徒たちの日々の役割の中に食事作りはあります。

アリス・ウォータースが現在もっとも力を入れて活動しているのは、食育を必修科目にすること、そして給食(スクールランチ)を授業にすることです。さてその意味とは、自由学園で脈々と継承されている食を大切にする教育手法から答えを探りたいと思います。

▼進行
テラコヤ・エディブル1部は、16時より学園ツアー、17時よりガーデン模擬クラスを予定しています。

学園ツアーでは、学園の有志生徒がガイドを務めてくれます。学園の木造学舎はとても美しく、教室に添うように生徒たちが耕す畑が点在します。

そして2部からは、この日の本題、エディブル・スクールヤード・アカデミー2016報告会をを交えながら、「スクールランチ再考、「給食」を授業にしちゃおう」のテーマワークとディスカッションへと移ります。

この日のスペシャルは、何と言っても世界三大建築家の一人と称されるフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新氏設計による歴史ある食堂を教室としてご提供いただき、自由学園の伝統の食の学びとエディブル・スクールヤードがコラボレーションするというプログラムが実現します。

終了は21時、夕食をご用意いたします。食卓を皆で囲みながら、自由学園の校舎で学ぶエディブル・スクールヤード・アカデミー、またとない機会です。

▼スピーカー予定(敬称略)
高橋 和也(自由学園学園長)
小野寺 愛(ESYJアンバサダー)
早川 雅貴(ESYJガーデンティーチャー)
堀口 博子、西村 和代(ESYJ) 

▼ファシリテーター
早川 雅貴(ガーデンクラス)
小野寺 愛(キッチンクラス)

主催:一般社団法人 エディブル・スクールヤード・ジャパン  
共催:学校法人 自由学園

スクールランチ再考、”給食” を授業にしちゃおう
【日時】
 2016年10月14日(金)
 1部   16:00 集合場所:学園正面門 
 2部   18:00 集合場所:初等部食堂 
      18:30 開演 
      21:00 終了

【会場】
 学校法人 自由学園
 学園内案内図

【参加料】
 参加費:5,000円 *資料、夕食をご用意しています
 1部のみ参加:2,000円 *資料、ガーデンクラス  

【申込み先】
 詳細・申込みはこちら