EVENT

3 years ago - 2013.03.18

- 2013.03.26

SHARES  

【イベント】東北の子どもの未来を「創る」事業の担い手を募集!みちのく仕事 右腕派遣プログラム説明会

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。



tohoku

『福島の子供たちは、未曽有の被災経験を通して「全国からの支援への感謝」と「自分も人のために役立つ大人になりたい」という気持ちを身に付けました。子供たちが復興を担う人材に成長していくためには、この気持ちを「自ら考えて行動する力」へと発展させていくための具体的で継続的な仕組みが必要です。』
――南相馬市で職業体験を通じた子どもの教育に関わる半谷氏はそう語ります。

3年目を迎えた東北の現場では、各々が自分にできること、未来につなげたいことを考え、徐々に復興が進みつつあります。

しかし地域だけでは乗り越えられない困難な課題も多く、そのような現場では、地域外から参画する人材が強く求められています。現在派遣している右腕たちは、社会人経験を活かした交渉や企画、マーケティング、事業戦略などのスキルを活かし、復興の推進を担っています。

今回の説明会では、2013年3月に福島県南相馬市に完成した植物工場と太陽光発電所を併設し子どもたちが職業/社会体験できる『南相馬ソーラー・アグリパーク』と、宮城県女川町・岩手県大槌町で最先端の教育モデルづくりに取り組んでいる放課後学校『コラボ・スクール』のリーダーをお招きし、新たな「仲間(右腕)」を募集します。

事業に関心がある方、これから東北での活動に参画していきたい方々に、ぜひご参加いただければと思います。

みちのく仕事 右腕派遣プログラム説明会

日 時:2013年3月26日(火) 19:30~21:30(開場19:15)
会 場:NPO法人ETIC. 5F セミナールーム [MAP]
定 員:20名程度
参加費:無料(事前予約制)
申込み:こちらからお申込みください。
対 象:震災復興リーダーの「右腕」として東北での活動を検討する方
以下のような想いを持った方(ビジネス経験のある人を特に歓迎します)
・今までの社会人経験を活かして、東北の復興に携わりたい
・東北の課題に向き合って、何をしていくべきか具体的な道筋を探したい
・東北が抱える課題に取り組むことで、自分の経験値や可能性を広げていきたい
主 催:NPO法人ETIC. 震災復興リーダー支援プロジェクト

【当日のプログラム】
19:10 開場
19:30 イントロダクション(右腕派遣プロジェクトの概要説明)
19:35 募集プロジェクトのプレゼンテーション
・放課後学校「コラボ・スクール」(女川町・大槌町)
・南相馬ソーラー・アグリパーク
20:30 質疑応答・アンケート記入
21:00 終了
※希望者がいれば、終了後に個別相談会を実施

【プロフィール】
半谷栄寿氏
(一般社団法人福島復興ソーラー・アグリ体験交流の会 代表理事)
1953年福島県南相馬市生まれ。1978年に東京電力に入社。1991年に環境NPOオフィス町内会を設立し、以降代表を務め、森林の健全化にも取り組む。2008年より2010年まで、東京電力執行役員を務める。2011年9月に福島復興ソーラー株式会社代表取締役となる。2012年4月より一般社団法人福島復興ソーラー・アグリ体験交流の会の代表理事を兼務、現在に至る。

プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5777

金森俊一氏
(特定非営利活動法人NPOカタリバ 東北復興事業部サブディレクター)
2009年4月に精密機械メーカー入社、生産管理や設備管理を主に従事。2012年1月、特定非営利活動法人NPOカタリバ東北復興事業部に入社。コラボ・スクール大槌臨学舎の立ち上げ当初から、全国から集まるボランティアのコーディネート、中学生の授業を受け持つなどコラボ・スクールの運営に携わっている。

プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/2349

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ