EVENT

1 week ago - 2016.11.21

19日後開催 - 2016.12.22

SHARES  

【クラウドファンディング】12/22(木)〆切!「エイズによる貧困の連鎖からの脱却へ。ケニアのママを支えたい!」

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。


ngo_plas_20161117

12月1日は世界エイズデー エイズに負けない!シングルマザーたちの挑戦

12月1日の世界エイズデーにあわせ、エイズ孤児支援NGO・PLASでは、クラウドファンディング「Ready for」上で、ケニアで子どもを抱えて奮闘するHIV陽性のシングルマザーのお母さん達の挑戦を応援するプロジェクトへの支援を募っています。

世界には 3690万人のエイズ患者、1780万人のエイズ孤児がいます。

毎年12月1日は「世界エイズデー」です。世界中の人々がHIVやエイズの問題に対して連帯し、HIV やエイズに影響を受ける人々への支援を表明し、エイズで亡くなられた方々を追悼する機会となります。

世界には3690万人の人々がHIVに感染しており、毎年200万人が新規にHIVに感染し、毎年120万人が、エイズが原因で亡くなっています。エイズの問題は特にサハラ以南アフリカに集中していますが、プラスの活動するケニアやウガンダでは、それぞれ 160万人の人々がHIVに感染し、それぞれ100万人のエイズ孤児がいると言われています。

「こどもを学校に行かせたい」エイズで夫を失った、ケニアのお母さん達の挑戦

エイズ孤児支援NGO・PLASでは今年、エイズで夫を失い、自身もHIV/エイズと闘いながら子ども達を育てているシングルマザー達を支援するプロジェクトを開始しました。

シングルマザーは、仕事をしたくても働き先や特別なスキルもなく、経済的に困窮しているケースが多くあります。そんな中子どもを小学校に入学させても、学年が上がっていく毎に教育費も上がり、小学校さえ4人に3人が中退していくのが現実です。

そこで私たちは、子ども達の教育費を得るため養鶏などの事業に挑戦するお母さんたちを、研修、技術指導、初期投資、継続したフォローアップを提供することで、サポートしていきます。

12月22日までに400万円に届かなければ支援無し。応援ください!

エイズと闘いながら、子どもたちを学校に通わせるために新たな挑戦をするお母さんたちに、ぜひともこのクラウドファンディングを達成して、支援を届けたい。12月22日の23時までに集まった金額が400万円に一円でも足りなければ、支援は成立せず、集まったお金を届けることができません。より多くの方に、このプロジェクトを知り、応援してもらいたいと思います。

▼代表:門田瑠衣子からのメッセージ
ケニアには、エイズで夫に先立たれ、必死に子育てをしながらHIVと共に生き、働けど働けど貧困から抜け出せないシングルマザーたちがたくさんいます。

不安な中、将来を思い描くこともできず、「いったいどうやって、これから子どもたちを育てていけばいいんだ…。」ともがき苦しんでいるのです。

彼女たちが安心して子育てし働くことが、子どもたちの健やかな成長につながります。いま、このプロジェクトを届けることで、シングルマザーが生き生きと輝き、子育てをできるようになり、そして子どもたちが学校に通うことができるようになるのです。

このプロジェクトを支援し、子どもたちとシングルマザーたちの未来を応援していただけないでしょうか?応援よろしくお願いいたします!

▼こんなお母さんたちの支援を予定しています
ミリセントさん:
2010年に夫をエイズで亡くした後、一人で5人の子どもたちを育ててきました。家で食べる分だけの食糧は自分の畑で取れますが、収入にはつながっていません。また手編みのカゴを作っていますが、収入は少なく、子どもの教育費の支払いが遅れたり、子どもが病気になっても治療費が払えなかったりすることがあったそうです。

カロラインさん:
2013年に夫を亡くし、7人の子どもを育てています。ここ最近は体調を崩しており働けなかったため収入がほとんどありません。体調を崩す前は、ジャガイモ販売で収入を得ていた他、農繁期には他の家庭の畑仕事を手伝って収入を得ていましたが、子どもたち全員の教育費は賄えず、支払いが滞ることがたびたびあるようです。

▼プラスとは
プラスは、2005年12月日本初のエイズ孤児に特化したNGOとして設立されました。エイズ孤児の現状改善を目指して、ウガンダ共和国、ケニア共和国で現地団体とともに、エイズ孤児を抱える家庭を対象とした生計向上事業やカウンセリング事業を行っています。

「HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが笑顔でいられる社会を実現する」をミッションに、地域のなかで子どもたちが育つこと、地域と共に活動し住民の自立を大切にすること、「あげる支援ではなく、つくる支援」を大事にしながら活動を行っています。

クラウドファンディング「エイズによる貧困の連鎖からの脱却へ。ケニアのママを支えたい!
【日時】
 2016年12月22日(木)23:00〆切
 それまでに、4,000,000円以上集まった場合にプロジェクト成立となります。

【ウェブサイト】
 詳細はこちら

【問合せ】
 エイズ孤児支援 NGO・PLAS 担当:門田(もんだ)下久禰 (しもくね)
 TEL:03-6803-0791 MAIL: info@plas-aids.org
 ADDRESS:〒110-0005 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブ One 秋葉原ビル 7F
 HP:http://www.plas-aids.org/

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ