【お知らせ】賃貸でもできる。冬温かく夏涼しいをDIYでつくろう! みかんぐみ竹内昌義さんと一緒に学ぶ「エコハウスDIYクラス」1月31日(日)開講!


エコハウスDIYクラス第2期(夏編)のワークショップで階下の部屋を涼しくするために屋上にビオトープをつくった参加者たち

みなさん、あけましておめでとうございます。greenz.jp編集長の鈴木菜央です。 また寒い冬が来てしまいましたね。賃貸でもできる断熱DIYを学べる「エコハウスDIYクラス」ですが、大好評につき3回目の開講です。 超初心者でも大丈夫。あなたも僕らと一緒に断熱DIYで家を暖かくしませんか?
[2016/1/12 本クラス開講決定しました!]

btn_submit

 

エコハウスDIYってそもそもなに?

きっかけは、昨年の冬でした。家族4人で35㎡しかないトレーラーハウスに引っ越して、初めての冬です。我が家は広さを感じるために窓がたくさん設置されているので、断熱性能があまりよくありません。

ALFA0139s
「想像するよりは家」なトレーラーハウスです

寒い日は窓がかなり結露するので、毎日拭きとらないと水がたまるし、放っておくとカビが生えてきます。冬場、夕方から部屋の温度が窓からぐんぐんと下がるのが伝わってきます。 そこで、「図解 エコハウス」を執筆した建築家の竹内昌義さんに聞いてみたところ、

中空ポリカ板か、プラスチックダンボールを使って、内窓をつけたらいいよ

と教えてくれました。 ということで、さっそくつけてみました。

最初につけたのは、寝室。ベッドサイド、頭のすぐ上の窓です。高さは約1m、幅は70cmくらいです。

約2時間で完成! 結果、窓辺の寒さがなくなって、結露も激減しました。 道具はのこぎり、カッター、定規と普段家にあるものしか使いませんでした。材料費は全部で約2000円。 こんなに簡単に解決しちゃうなんて……びっくりです。

そしたら、竹内さんより、追加アドバイスが。

床下が寒いなら、床下に断熱材を入れたらいいですよ。それと鉄ドアだったら、フォーム系の断熱材で断熱・遮熱すると、かなり違います。それから、断熱ブラインドにするとか、カーテンを工夫するといいですよ。

といろいろ教えてくれました。うちは屋根裏はないけど、意外と素人にもできることがあるんですね。

そうなんです。最高のエコハウスを手に入れるには、やっぱりプロの手助けがあるといいと思うけど、素人でもできることは、かなりたくさんあります。

なるほど……。それ、いいかも……! という僕個人の体験から、このスクールは始まっています。

自分で自分の暮らしをつくる、エコハウスDIY

僕のように、結露がすごい、お風呂場が寒い、寒くて朝起きるのがツライ、底冷えするなど、寒さで悩んでいる人は多いのではないでしょうか? これまで、僕は建築家に頼まないと、冬でも温かい快適な家は手に入らないと勝手に思い込んでいました。 でも、そんなことはありません。自分で自分の暮らしをつくる。エコハウスも、手に入れることができるんです。

chohousediy2_01
エコハウスDIYクラス第1期(冬編)のワークショップで窓を断熱する参加者たち(Photo by 新井由己

このスクールで学べること、得られること

というわけで、「エコハウスDIYクラス」では、ワークショップ、フィールドワークを通じて、以下のようなことを学んで得られると思います。

DIY精神

DIYとはなにか?を学びます。Do It Yourselfは、「モノをつくること」だけにとどまりません。誰かに任せて、お金で消費するお客さんではなく、自分で考え、自分でつくる精神です。新しい時代の考え方を学びます。

エコハウスの最高峰を体験

フィールドワークでは、エコハウスの最高峰「エクセルギーハウス」を体験します。自然のエネルギーを最大限活かして、最小限の環境負荷、最大限の快適さを実現させる考え方で建てられた家です。エコハウスとは、気持ちのよい家だ、ということをカラダで感じるチャンスです。

実際的なDIYノウハウ

エコハウスをつくるために、実際に手を動かして学ぶので、具体的な方法論を知ることができます。クラスが終わったら、自分の家をDIYできるスキルを身につけることを目標とします。

熱の基本

参加者のうち、希望者は放射温度計(2000円〜)を購入して、熱を見える化しながら学びます。熱のことがわかると、暮らしをどんどん工夫することができます。熱とはなにか? 熱の性質、断熱と遮熱の違いなども学びます。

仲間とのつながり

DIYの実践者、DIYに興味のある仲間と繋がれます。昨年冬に実施したエコハウスDIYクラス第1期卒業生は、それぞれのプロジェクトにお互い手伝いあったりしてしています。DIYコミュニティに参加する良いきっかけになりますよ。 あなたもぜひ、エコハウスDIYへの一歩を踏み出してみませんか? このクラスは、僕が学びたいことをカタチにしました(笑)。みなさんと一緒に学べることを、楽しみにしています。 ご質問がある方は、この記事にコメントするか、school [at] greenz.jp まで!

ecohousediyphoto4
西日を遮って部屋を涼しくするために、内窓に設置するルーバーをつくる(エコハウスDIYクラス第2期夏編)

ecohousediyphoto3
網戸がないことで熱がこもっていた屋上入り口に網戸を設置(エコハウスDIYクラス第2期夏編)

ecohousediyphoto2DIYの基礎から教えます。初心者でも大丈夫

ecohousediyphoto1
寒い廊下の窓全面に、中空ポリカ板を使った二重窓をつくる。結果、劇的に暖かくなりました。

エコハウスDIY第1期(冬編)のレポートはこちらです。

 

開催概要(全5回)

講座日程

第1回 1/31(日) 10:00-17:00 フィールドワーク@鎌倉  (初顔合わせ&鎌倉パッシブハウス体感)
第2回 2/18(木) 19:30-21:45 講義 (エコハウスとは?)
第3回 2/27(土) 10:00-17:00 出張DIYワークショップ@コトナハウス(国立)
第4回 3/3(木) 19:30-21:45 講義の時間 (マイDIYプランを練る)
第5回 3/17(木) 19:30-21:45 最終プレゼン

※第1回目の授業はフィールドワークとして、鎌倉パッシブハウスを訪ねて、エコハウスを体験して、感じて考える一日を過ごします。
※緊急連絡先 tel:090-4233-1517(前嶋葵)
※第3回目の授業はワークショップとして、国立にあるコトハナハウスを舞台に、みんなでDIYを行います。
※現地集合、現地解散となります。
※現地までの交通費はそれぞれご負担お願いします。

講師とファシリテーター

ゲスト講師

竹内昌義さん(みかんぐみ)

竹内昌義 建築家ユニットみかんぐみを共同主宰。2008年より東北芸術工科大学でエコハウスの研究を開始。2012年には3.11以降のツイッター上の発言をきっかけに、専門家に素朴な疑問を投げかけたインタビュー集「原発と建築家」を執筆。 “建築家がエネルギーに対してあまりに無自覚だったのではないか”という思いから、エネルギーシフトに関わり、発言し続けている。

DIY講師

加藤渓一さん(studioPEACEsign/建築家)

加藤渓一 1983年東京都八王子市生まれ。武蔵工業大学(現:東京都市大学)大学院修了後、MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO所属。2010年studioPEACEsign設立。翌年HandiHouse project始動。「妄想から打ち上げ」を合言葉にデザインから工事のすべて自分たちの「手」で行う集団の一員。2015年第一回「これからの建築士賞」受賞(東京建築士会主催)

ファシリテーター

aoi_photo

前嶋葵 (特定非営利活動法人コモンビート) NPO法人コモンビート副事務局長。横浜市鶴見の銭湯シェアハウスで「みんなで暮らす楽しさ」を卒業し、築45年の団地へ。結露と格闘しながら、より快適な環境で暮らすべくDIYを実践中。

suzuki_photo

鈴木菜央(NPOグリーンズ代表、greenz.jp編集長) NPOグリーンズ代表/greenz.jp編集長 千葉県いすみ市在住。家族4人で35㎡のタイニーハウス(車輪付き)にて、小さくて大きな暮らしの実験中。著作に『「ほしい未来」は自分の手でつくる』

会場

会場 グリーンズオフィス(第1回フィールドワーク、第3回ワークショップを除く) 東京都渋谷区神宮前2-9-15アズマビル1階 東京メトロ 千代田線 「明治神宮前」駅、銀座線「外苑前」駅、副都心線「北参道」駅、JR「原宿」駅からそれぞれ徒歩10分

参加費

一般(全5回分) ¥36,000
学生/遠方(全5回分) ¥30,000
※学生割引は先着2様までとさせていただきます。
※東京、神奈川、千葉、埼玉以外にお住まいの方は遠方料金にて受講いただくこができます。先着2名まで。

定員

12名(一般8,学生2,遠方2)
※最小催行人数6名 ※申し込みは先着順です。定員に達し次第申し込みを締め切らせていただきます。
※最低開講人数は6名です。開講の決定は初回授業の1週間前までご連絡いたします。

申し込み方法

下記「申し込む」ボタンもしくは、をクリックして、お申し込み後、決済をお済ませいただきましたら、正式受付となります。 ※決済はVISA、MASTER、JCB、AMEX、Paypal、コンビニ/ATMが利用可能です。

申し込み締切

1/23(土)24:00 ※定員に達し次第、受付を停止します。お早めにお申込み下さい。

btn_submit

カリキュラム

第1回 【オリエンテーションとフィールドワーク】パッシブハウスを体感する、エコハウスを知る
午前中に鎌倉に集合して、なぜこのクラスを始めようと思ったかというきっかけの共有、授業をどのように過ごしていくか、全体の流れを説明します。また、受講生同士で、なぜこの講座を受けようと思ったのかを共有したり、お互いによりよく知り合うワークショップも。 午後は、鎌倉パッシブハウスを訪ね、同ハウスの蓮見さんにハウスツアーをしてもらいながら、エコハウスの”心地よさ”を体感します。夕方以降、鎌倉駅近くで仲良くなる呑み会も予定!

第2回 【座学+ワークショップ計画編】 エコハウスDIY基礎知識、熱を知る、エコハウス計画を立てる 第2回目は、グリーンズのオフィスを会場に、座学+簡単なワークショップを行います。DIYの基本、エコハウスをDIYでつくるということについてや、熱の基本について学びます。その後、それぞれの家をどういうふうにカスタマイズするか、プランを立てるワークショップを行います。

第3回 【ワークショップ実践編】エコハウスDIY実践ワークショップ

第3回は、実際にエコハウスDIYを行います。参加者全員で、国立にあるシェアハウス「コトハナハウス」をエコハウス化! 持っている方はマイ工具を持ち寄りましょう。土曜日いっぱいをつかって、できるかぎりみんなで工事を行います。終わったあと、軽く打ち上げも!

第4回 【ワークショップ計画編】エコハウス計画を具体化する

3回目で実践した経験を元に、さらにエコハウス計画を具体化していきましょう。みんなで共有して意見やアイデアを交換します。計画がより具体的に・現実的になるようにしていきます。 宿題 第4回目までを踏まえて、プランをブラッシュアップしてきてください。プラン概要、資金計画、スケジュール、実施プランにまとめます。そしてそれを誰かに話してみましょう! 結果はFacebookグループに書き込んでください。

第5回 【最終プレゼン+打ち上げ】エコハウス計画を発表、共有する

最終回となる第5回は、それぞれが考えてきた「私の、エコハウス計画」を発表して、今後のアクションを一人ひとり共有します。ゲスト講師、ファシリテーターも丁寧にフィードバックします。最後はみんなのがんばり、卒業、学びを祝い、打ち上げ飲み会(持ち寄り制)も行います!

btn_submit
みなさんのお申込みをお待ちしています! ご質問がある方は、この記事にコメントするか、school[at]greenz.jp まで!

「グリーンズの学校」卒業生の活躍

こちらのスクールは、資源エネルギー庁とグリーンズがコラボレーションする再エネ普及のための広報事業「GREEN POWER PROJECT」のサポートを受けて開催しています。 greenz.jp連載「わたしたちエネルギー