EVENT

3 years ago - 2013.05.15

- 2013.06.15

SHARES  

【イベント】演劇で「遊ぶ」ってどういうこと?「モノで演じる、エンゲキで遊ぶ」ワークショップ

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。

6月のワークショップは「演劇あそび」。
今回Collableは、NPO法人EduceTechnologies のご協力のもと、NPO法人演劇百貨店の柏木陽さんとのコラボレーションで多くの人とエンゲキで遊びたいと思っています。

演劇で「遊ぶ」ってどういうこと?
大人から子どもまで、身体を動かして演劇で一緒に遊びませんか?

毎日の勉強やお仕事の息抜きとして、親子の新しい一面を発見する機会として、初めて出会う人との不思議なコミュニケーションの体験として、大人から子どもまで、ぜひご参加ください。

Educe Cafe × 演劇百貨店 × Collable ワークショップ
「モノで演じる、エンゲキで遊ぶ」

日時:2013年6月15日(土)13:00~15:00(12:45より受付開始)

場所:東京大学本郷キャンパス福武ホール [MAP]
 都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分
 東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分
 東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩20分
 東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分

定員:20名
対象:どなたでもいらしてください!
参加費:500円
持物:新聞紙があれば持ってきてください!

■ファシリテーター
柏木 陽(かしわぎ あきら)
演劇百貨店代表/演劇家
1993年、演劇集団「NOISE」に参加し、演出家・劇作家の故・如月小春とともに活動。
2003年にNPO法人演劇百貨店を設立し、代表理事に就任。全国各地の劇場・児童館・美術館・学校などで、子どもたちとともに独自の演劇空間を作り出している。
近年の主な仕事に、世田谷パブリックシアターかなりゴキゲンな巡回団年間契約アーティスト、兵庫県立こどもの館での中高生との野外移動劇創作、の演出・進行など多数。
近年は青山学院大学でのワークショップデザイナー育成プログラム、青山学院女子短期大学、大月短期大学、和光大学の講師なども務める。

山田 小百合(やまだ さゆり)
1988年生まれ。大分県出身。日本女子大学 家政学部 家政経済学科 卒業後、東京大学大学院 学際情報学府 山内研究室修士過程修了。
多様性と相互理解をキーワードに、障害のある人など、マイノリティがより参画できるコミュニティづくりを実践するNPO法人Collable代表理事。
インクルーシブデザインや学習環境デザインをテーマとした、多様な人々の社会参画と、それを円滑に推進するための実践的ワークショップを展開中。
Twitter: @salily1214

■参加申し込み
下記フォームに必要事項を明記してください。
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/collable/g0yukh1i7ska
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/collable/g0yukh1i7ska
締め切りは6月7日(金)とさせていただきます。
人数が多数の場合は先着順とさせていただきます。

■カフェイベント(アフタートーク)について
また、15時半よりカフェイベントEduce Cafe「『エンゲキで遊ぶ』をしゃべる」も開催します。
(こちらは参加費1500円いただきます。)
そちらも参加される場合は、申し込み時にその旨をお知らせください。

■主催
NPO法人 Educe Technologies 
NPO法人 演劇百貨店 
NPO法人 Collable 

■企画
東京大学大学院 情報学環特任助教 森玲奈
NPO法人Collable 代表理事 山田小百合

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ