EVENT

1 year ago - 2015.07.30

- 2015.09.15

SHARES  

【お知らせ】スローコーヒー小澤陽祐さんと一緒に学ぶ、「コーヒー起業家クラス 第2期」9月15日(火)開講!

こんにちは。greenz.jpプロジェクトマネージャーの塚越です。

3月に実施して好評だった「コーヒー起業家クラス」の第2期をお届けします。このクラスは僕らの生活に欠かせない「コーヒー」をテーマにした起業を考える仲間同士が刺激し合い、きっかけをつかむクラスです。

第1期においてもカフェ開業を目指す方、自家焙煎で商売をしたい方、コーヒーが好きでたまらない方など様々なバックグラウンドをもった「起業家」志望者が集まり、お互いの思いをぶつけあいました。

「コーヒー」で売上を重ね、利益を上げ続けることの難しさを実感しながら、どうやったら自分たちの思いを実現できるか自分自身と向き合い続ける全6回のスクールになりました。

スクール最終日にはそれぞれがビジネスプランを発表、コーヒー起業家へ向けての一歩を踏み出しました。→第1期 最終プレゼンの様子はこちら

あなたもスクールを通して一緒に、コーヒー起業家を目指しませんか?
<9月4日(金)現在、開講が決定しました!>
引き続きご検討中のかたもお早めにお申込みください

こんなにたくさん! 「コーヒー起業家」に関する記事


第1期のフィールドワークでスローコーヒーのイベント出展をお手伝いする参加者

コーヒーで起業する。身近なテーマですが一筋縄ではいきません。が、実はグリーンズに取り上げてきたこれまでの記事にもコーヒーをテーマにした起業の事例がたくさんあります。

ソーラーエネルギーを使って、小商い始めませんか?自転車で移動する小さなカフェチェーン「Wheely’s cafe」

一杯のコーヒーが日常を変える!鹿児島発、人へ、街へと“イノベる”を広げる「coffee innovate」

焙煎したてのコーヒー豆を自転車でお届けする、ユニークなコーヒー会社「Bicycle Coffee」

cafe03
1800ドルで始められる移動式カフェチェーン 「Wheely’s café」

焙煎(マイクロロースター)、コーヒースタンド、カフェ…。身近なコーヒーだからこそ、色んな切り口で、自分サイズで取り組める「起業」のかたちがあるのではないかと思います。

それだけでなく、地域に愛されるコーヒーやカフェは、個人のリラックスや楽しみを超え、コミュニティやコミュニケーションのハブとなっているようです。

こだわりのマイクロロースターやカフェが、コーヒーを通じて、魅力的なひとを集め、そのまちらしさを規定していくという事例が、全世界、同時多発的に起こっている現状には、何か哲学的で普遍的な問いが秘められているようにさえ感じられます。

15年目を迎える「スローコーヒー」

cafe04

今回のスクールのゲスト講師はコーヒーで起業し、事業を15年間続けてきた「スローコーヒー」の小澤陽祐さん。

「スローコーヒー」ではオーガニック、フェアトレードの豆のみを仕入れて焙煎、販売しています。「フェアトレード」も「オーガニック」も今ほど認知されていなかった15年前に有限会社スローを立ち上げ、スローコーヒーを地道に成長させてきました。

今ではコーヒーの焙煎・卸売りの他、地元松戸で愛されるカフェ「スローコーヒー」もプロデュースしています。


スローコーヒーについて語る小澤陽祐さん

更なる取り組みとしては、2015年よりグリーンズのプロジェクト「わたしたちエネルギー」とのコラボで常設ソーラー焙煎システムを松戸の本社に導入予定。

先ごろ、クラウドファンディングで資金集めにチャレンジし、見事成立! 今回のスクールのフィールドワークではスローコーヒー本社へのソーラー焙煎システムの設置作業をみんなでお手伝いする予定です。

cafe05

小澤陽祐さんには焙煎、販売、カフェ営業と幅広くコーヒーにまつわる事業を継続、拡大してきた経験、聞きづらいお金の話や商売の作り方をシェアいただきます。リアルな事例にインスピレーションを得て、みなさん自身がコーヒーで起業する第一歩を踏み出しましょう。

小澤さん 僕もホンキでこれまでの経験をガンガン皆さんにシェアします。これまでの収支だってお見せします。だから、ホンキな人と真剣に話したいです。

将来的にはスローコーヒーとのコラボレーションだってあり得るし。一緒に世界を切り拓く仲間に集まってほしいです。

このクラスはこんな人にオススメです

・「コーヒー」をテーマに起業したい人
・マイプロジェクト的に週末起業をしたい人
・カフェやコーヒースタンドをオープンしたい人
・今の仕事にもやもやを抱えていて、新しいチャレンジをしたい人
・起業に向けて刺激し合う仲間が欲しい人

このクラスで学べること、得られること
コーヒー起業家は先生が「教える」場ではありません。主体的な参加者同士が、刺激し合い、前に進む場です。前のめりに参加すれば、以下のような学びが得られると思います。

自分主語のビジネスを企画します
借りモノの言葉を集めて「起業」してもきっとうまくいきません。なぜあなたがそれをやる必要があるのか、あなた自身の言葉が出てくるまでトコトン「なぜ」を突き詰めます。

マーケット視点からビジネスモデルを考えます
夢、やりたいことがあるのは大切。でも「買ってくれる」人がいなかったら商売はなりたちません。あなたの事業に対して誰が、なぜ、お金を払ってくれるのか?その人はなぜあなたの事業を選んでくれるのか。シビアに考え続ける機会を提供します。

「ぼんやりとした起業の夢」をはっきりとした形(数字)に落とし込みます
起業したい、と思っているだけでは話は前に進みません。どれだけの投資から、どこで、何を、誰に売るのか。具体的に考え、数字に落とし込むことで、初めてリアルに第一歩を踏み出せます。講師、メンター陣とのやりとりの中であなたのぼんやりとした「夢」をご自身で数字に落とし込んでいきます。

価値観を共有できる仲間と出会えます
スクール期間中、徹底して議論して、指摘し合って、時には飲んで、真剣に学び合う仲間たちと出会えます。もしかして、このスクールのなかから、一緒に起業するパートナーが見つかるかもしれません。

松戸でのコーヒー起業を講師の小澤さんが具体的に支援
小澤さんのホームタウンであり、スローコーヒー本社がある千葉県松戸市。小澤さんのこれまでの知見とネットワークを生かして、松戸でコーヒー事業を始めたい、という方には具体的な物件の斡旋・紹介や店舗のプロデュース(コンサルティングではなく、一緒に作ります!)をし、事業開始を支援します。

松戸という町に興味がある方や、具体的に店舗を構えたいけど立地が決まっていない方などにとってはまたとないチャンス!

あなたもスクールを通して一緒に、コーヒー起業家を目指しませんか?みなさんのお申込みをお待ちしています! ご質問がある方は、この記事にコメントするか、hello [at] greenz.jp まで!

開催概要(全6回)

講座日程

第1回 9/15(火) 19:15 〜 21:45
第2回 9/29(火) 19:15 〜 21:45
第3回 10/13(火) 19:15 〜 21:45
第4回 10/17(土)11:00 〜 16:00 @松戸 スローコーヒー本社
第5回 10/27(火) 19:15 〜 21:45
第6回 11/10(火) 19:15 〜 21:45
※フィールドワークとして松戸にあるスローコーヒー(焙煎所、カフェ)を訪ねます。現地集合、現地解散となり、交通費等は受講料に含まれておりませんので、ご了承ください。

スタッフ

▼ゲスト講師
小澤陽祐さん(有限会社スロー 代表取締役)

▼メンター
塚越暁(greenz.jpプロジェクトマネージャー/子ども原っぱ大学主宰)
小野裕之(greenz.jpプロデューサー/NPO法人グリーンズ事業統括理事)

プロフィールはこちら

カリキュラム

第1回 オリエンテーション
6回の授業をどのように過ごしていくか、全体の流れを説明します。また、受講生同士が知り合う時間も用意しています。

第2回 ゲスト講師によるレクチャー ※
ゲスト講師によるレクチャーと、それを深めるワークショップを行います。レクチャーでは、スローコーヒーがどのような背景から立ち上がり、どのようにして仲間に出会い、仕事になってきたのか、実体験を中心に語っていただきます。

第3回 参加者のアイディアブレスト・やりたいことの言語化
誰のために、何をするのか。なぜやるのか。どうやって継続していくものにしていくのか。生業のアイデアを練っていきます。簡単なレクチャーも用意していますので、未経験の方もご心配なく。

第4回 フィールドワーク@松戸 スローコーヒー本社 ※
ゲスト講師が仕事をしている現場で、実際の作業を体験していただきます。頭でっかちになり過ぎず、行為として純粋に楽しめるか。そんなことも大切にしていきます。

第5回 各自のプラン具体化・ビジネスモデル検証
お金?仲間?場所?3回目の授業で描いた生業のアイデアを実現するためには何が必要か。3ヵ年計画書をつくります。

第6回 各自のプランの発表 ※
これまでの成果を発表します。ゲスト講師、メンターも丁寧にフィードバックします。

※の回にゲスト講師が参加します。

みなさんのお申込みをお待ちしています! ご質問がある方は、この記事にコメントするか、hello [at] greenz.jp まで!

会場

リトルトーキョー (第4回フィールドワークを除く)
東京都港区愛宕1-2-1 松崎ビル6F
東京メトロ 銀座線 虎ノ門駅 または 日比谷線 神谷町駅 から徒歩5分

大きな地図で見る

銀座線「虎ノ門」駅「2番」出口からそのまま直進(5分)、「虎ノ門三丁目」交差点を左折し、100mほどで右側に見えるフレッシュネスバーガーの左隣に「リトルトーキョー」。その隣りに「松崎ビル」があります。エレベーターで6Fへどうぞ。

参加費

一般(全6回分) ¥36,000
学生/遠方(全6回分) ¥30,000
※学生割引は先着3名様までとさせていただきます。
※東京、神奈川、千葉、埼玉以外にお住まいの方は遠方料金にて受講いただくこができます。

定員

12名
※最小催行人数6名
※申し込みは先着順です。定員に達し次第申し込みを締め切らせていただきます。
※最低開講人数は6名です。開講の決定は初回授業の1週間前までにご連絡いたします。
※開講が決定しました!![2015.9.4](引き続きお申込みもできますのでお待ちしています!)

申し込み方法

下記「申し込む」ボタンをクリックしてフォームに必要事項を記入の上送信してください。開講決定後、メールにて決済ページのご案内をいたします。
※キャンセルについて
決済後〜開講1週間前までは全額返金
開講まで1週間以降のキャンセルは返金なしとなりますのであらかじめご了承ください。

※決済はVISA、MASTER、JCB、AMEX、Paypal、コンビニ/ATMが利用可能です。

※確認・開講のご案内メールが、迷惑メールに振分けられてしまうケースが多発しています。
迷惑メールフォルダをご確認いただくか、または greenzjp[at]gmail.com、school[at]greenz.jpからメールを受け取れるよう、受信設定をお願いいたします。

申し込み締切

9月8日(火)22:00
※定員に達し次第、受付を停止します。お早めにお申込み下さい。

プロフィール

小澤陽祐さん
1976年松戸生まれ。有限会社スロー代表取締役、コーヒー焙煎技師。ナマケモノ倶楽部共同代表。99年よりスロームーブメントに関わる。00年7月、スロービジネス第1号として、20代男子3名でスロー社を設立。20代の起業ならではの紆余曲折を経ながらも、【オーガニック】【フェアトレード】のコーヒー豆のみを【自社焙煎】することに特化し、スローながらも着々と卸先・顧客をふやしている。09年10月に、直営のスローコーヒー八柱店をオープン。『コーヒーに恋をして!』が決めゼリフ。ファーストではない、スローなコーヒーのあるライフスタイルを提案中。
参考記事:美味しいオーガニックコーヒーで“生きている実感”を持てる世界に。優等生のレールから外れて歩んだ、スロー社小澤陽祐さんの14年
小野裕之
greenz.jpプロデューサー/NPO法人グリーンズ事業統括理事
84年岡山県生まれ。中央大学総合政策学部卒業後はウェブサイトなどを制作するベンチャー企業に就職。09年より、greenz.jpに転職し、12年にはgreenz.jpのNPO法人化にともない理事として経営に参画。
NPO法人グリーンズの事業戦略と組織づくり、企業や行政に向けた事業の開発や営業、オペレーションの責任者。ライフワークとして、ソーシャルなスタートアップビジネスの事業化を支援。
参考記事
:greenz.jpにはどうして広告が入っていないの? 小野裕之に聞く「”メディアの価値”のつくり方」
塚越暁
子ども原っぱ大学主宰/greenz.jpプロデューサー。78年神奈川県逗子市生まれ、育ち、在住。2児の父。2002年より株式会社リクルートで編集、ECサイト運営、経営企画に携わる。2011年秋、グリーンズ主催のスクールgreen schoolに参加したことがきっかけで、ソーシャルデザインの気持ち良さにはまる。2012年4月より大人と子どもが全力で「イマココ」を楽しむ場「子ども原っぱ大学」を主宰。2013年6月よりプロデューサーとしてgreenz.jpに参画。
参考記事:やりたいことをやるのではなく、違うなと思ったことをやめていく。greenz.jpプロデューサー塚越暁さんが「子ども原っぱ大学」を立ち上げたあと

最後までお読みいただき、ありがとうございます!ご質問がある方は、この記事にコメントするか、hello [at] greenz.jp までご連絡ください。

「green school」卒業生の活躍

いつのまにか勉強が好きになる! モチベーションの学習塾「a.school」岩田拓真さんに聞く「”0から1を切り拓く人”の育て方」

やりたいことをやるのではなく、違うなと思ったことをやめていく。greenz.jpプロデューサー塚越暁さんが「子ども原っぱ大学」を立ち上げたあと

高校生によるマイプロジェクトも次々と誕生!学びの場から復興リーダーを育てる「コラボ・スクール大槌臨学舎」(金森俊一さん)

立川の「子ども未来センター」で働くstudio-L落合祥子さんに聞く「”市民活動コーディネーター”ってどんな仕事?」

目指すのは“友だち経済”。リノベーションしながら暮らし方を更新するアズノタダフミさんの「メヂカラハウス」

こちらのスクールは、資源エネルギー庁とグリーンズがコラボレーションする再エネ普及のための広報事業「GREEN POWER PROJECT」のサポートを受けて開催しています。
greenz.jp連載「わたしたちエネルギー

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ