EVENT

3 years ago - 2013.05.03

- 2013.05.09

SHARES  

【イベント】地球市民学セミナー「現代の地球社会が直面する課題をエネルギーの視点から考える」

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。

地球市民学専攻では、地球市民学という新しい学問の内容を理解していただくともに、これからの展開に資するさまざまなご意見をいただくため、下記の要領で学内外公開の合同セミナーを行っています。

セミナーでは、新しい学の前提となる諸学説の検討、それらをふまえて地球社会の諸問題を解くための理論と研究方法の探究、さまざまな学問的背景と問題意識からの新しい学の構想、関連するいろいろな分野での地球市民的な社会活動の展開、などについて、担当者等が問題提起の意味を込めて内容をご披露し、参加者の皆さんのご質問やご意見をいただいて、自由な討論を行います。

本年度も、討論の時間を十分にとるために話題提供者を1人に限定し、学内外から広くお願いします。一部参加でも結構ですので、どうぞふるってご参加ください。

地球市民学専攻公開合同セミナー
「興隆する文明・崩壊する文明からの教訓
~現代の地球社会が直面する課題をエネルギーの視点から考える~」

日時:2013年5月9日(木) 18時10分~20時30分
場所:清泉女子大学 本館2階 大会議室

講演:山本達也(やまもと・たつや)
清泉女子大学文学部地球市民学科准教授

プロフィール:
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター主幹・客員研究員などを経て現職。専門は、国際関係論、公共政策論(特にエネルギー政策論)、情報社会論など。
技術が社会や政治をどのように変革していくのかという視点から国際社会の構造的変化を読み解く研究に取り組む。近年は、特に情報通信技術やエネルギー関連技術と政治・社会変容をテーマに研究を進めている。
主著に、『アラブ諸国の情報統制:インターネット・コントロールの政治学』(単著、慶應義塾大学出版会)、『政治の見方』(共編著、八千代出版)、『イスラームの豊かさを考える』(共著、丸善出版)、『政策過程分析の最前線』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。


■お申込みはこちらからお願いします。

注(1):夕食時にかかりますので、軽食・飲み物等はご自由にお持ちください。ゴミ等のお持ち帰りにご協力いただきますよう、お願い申し上げます。
注(2):外部の方で参加ご希望の方は、下記のフォームからお申込みいただくか、大学院研究室(Tel. 03-5421-4135)までご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ