ISSUE まちづくり

1 month ago - 2016.11.04

SHARES  

いつもの地下鉄に見慣れないものが出現! サンフランシスコ発、退屈な毎日を楽しくする”邪魔な”プロジェクト「Swing Transit」

1

毎日歩く大通り。
毎日乗る電車やバス。

仕事場や学校へ向かう道中に目にするのは、毎日同じ風景で、長く通うほどに新鮮さは失われてしまいますよね。「今朝、通勤中に何を見ましたか?」と聞かれても、身近な場所であるほど、思い出すのが難しいかもしれません。

そんな”いつもの”景色に突然、見慣れないものが現れたとしたら、あなたはどうしますか?

今回は、サンフランシスコで一人のアーティストが起こした、「モノクロで退屈な毎日を、ちょっと”邪魔”して楽しくしちゃう」プロジェクト「Subway Swing」をご紹介します!
 
swing3-03171901e96b4633a6a6e2a34eec8da0

女の子が乗っているのは、ごく普通のブランコ。でもここはなんと…サンフランシスコの地下鉄、BART(Bay Area Rapid Transit)の中なんです!

仕掛け人は、サンフランシスコ在住のアーティスト、Hunter Franks(以下、ハンターさん)。greenz.jpで以前にご紹介した「The Neighborhood Postcard Project」の仕掛け人でもあります。

実はハンターさん、BARTのスタッフと公式に「乗客に、”乗っている間の楽しい体験”を提供する、アーティストとしての仕事」について話しあってきたのだそう。ところが話し合いは長引くばかりで、なかなか進まなかったといいます。

そこで、彼はひとりで「BART公式アーティスト」を名乗ることを決意。ついに2016年8月、自らの役目を果たすために立ち上がりました。この、「それっぽいベスト」を着て!
 
3
海外ではポピュラーな、セーフティベスト。日本でも、こんなの見たことありますよね!

これを着たハンターさんは堂々とBARTに乗りこみ、ちゃっかり自作の木製ブランコをとりつけ、「仕事」を完了。さらに乗客の反応をリサーチするべく、カメラ、スタート!
 
5

初めは、誰もが遠巻きに見るだけで、ためらう様子だったのだそう。でも、最初の一人が乗ってしまうと、それからは大人気。あっという間に順番待ちの列が!
 
4

この日、ブランコ付き車両に乗った人みんながうれしそうな、幸せそうな様子だったそう。なかには、「このおかげで、今日が最高の一日になったよ!」とか、「これからは座席を全部ブランコにすべきだね!」とまで言う人もいて、「Subway Swing」は大成功に終わりました!
 
6
ブランコは数時間後に取り外されましたが、ホームにはこんなナイスなおみやげが! 日本でもおなじみの、清算機の前。足元をよーく見てみると……「けん・けん・ぱ!」

7
ハンターさんは他にも、オハイオ州で様々なコミュニティから500人を招待、「みんなで一つの長~~~いテーブルについて、美味しく食べて楽しくおしゃべり!」プロジェクトも成功させています。

クリエイティブに邪魔をする

仕掛け人のハンターさんは、自身のアートを”Creative intervention(クリエイティブに邪魔すること)”と呼んでいます。それは、当たり前すぎて”モノクロ”に見えてしまうような景色に、カラフルな色をつけて、人と人、人と街の関係をもう一度つなぎかえる、「小さな仕掛け」をつくること。

ハンターさんは、見慣れてしまって退屈な景色にこそ、小さな喜びや新しい楽しさ、気持ちの余裕をはさみこむ“邪魔する”スペースがあると考えているそう。今回の「Swing Transit」について、ハンターさんは次のように語ります。

同じ電車に乗ってたみんなが、このポジティブな体験について、本当にうれしそうにおしゃべりしていたよ。

ブランコに乗るか乗らないか、本当はそんなの関係ないのさ。ただその場所でその瞬間をシェアするだけで、お互いに目を合わせることも、話すことも、聞くこともできてしまうんだよ。

僕は、ポジティブな体験をシェアすることが、みんなのいろんな可能性の扉を開ける鍵になると信じているんだ!

2
ハンターさんは数々の芸術賞を獲得し、ガーディアン紙など大手メディアにも取り上げられているアーティストです。

新しく目に見えるモノをつくり出すのではなく、「ずっとそこにあった日常」の見方を変えるチャンスをつくることが、ハンターさんの「アート」。

みなさんも、偶然、楽しい瞬間に居合わせた時、たまたま近くにいた人と、小さく笑顔を交わしたようなポジティブな経験が、きっとあるのではないでしょうか。今度はそんな瞬間のシェアを、ちょっとしたおしゃべりにつなげてみませんか。小さな「楽しい!」のシェアを貯金することが、実はあなたらしいコミュニティづくりの近道なのかもしれません。

次、電車に乗ったときは、ケータイを取り出すかわりに、まずは流れる景色を観察してみませんか。見慣れたモノクロの世界が一気にカラフルになる、そんな隠れたあなただけのアートが見つかるかもしれませんよ!

[Via Hunter Franks, Upworthy]
(Text: 吉原海)

ハンターさんの他のプロジェクトも見てみよう!
Huter Franks

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ