ISSUE 食と農

1 month ago - 2016.08.28

SHARES  

たっぷりの摘みたてハーブで、夏のカクテルを格別の一杯に!バーカウンターとプランターがひとつになった「Plant-A-Bar」って?

plantabar-top

まだまだ30℃を超える日々がつづきます。キリッと冷えたカクテルがおいしい季節ですね。夏のカクテルといえば、ミントたっぷりのモヒートや、ローズマリーを添えたギムレットなど、ハーブが爽やかに香るカクテルが人気。特に夏の夕暮れに、涼しくなった外で楽しむ一杯は格別ですよね。

でも、これらのカクテルはハーブの新鮮さが命。そしてその量が少ないと、ちょっと悲しい気分になってしまうことも。実際私も、モヒートには新鮮なミントがたくさん入っていてほしい! と、常々願っているひとりです。

そんな願いを叶える新商品をアメリカで見つけました。その名も「Plant-A-Bar」。園芸者向けオンラインショップ「Gardener’s Supply Company」で発売されたこちらの商品は、ご覧のとおり、バーカウンターとプランターがひとつになっているのです!
 
plantabarcounter
木版を黒縁で囲んだシンプルでスタイリッシュなつくり。スツールは別売り。

カウンターにいながら、摘みたてのハーブがたっぷりのカクテルが楽しめちゃう「Plant-A-Bar」。BBQやパーティーなど、野外で飲食を楽しむことが増えるこの季節、園芸好きでなくともほしくなってしまうのではないでしょうか。

上のプランターの部分では、ミントやレモングラス、ローズマリーなどのハーブ類はもちろん、トマトや苺など、大きめの植物も育てられるのだとか。カクテルだけではなく、サラダや食事用にも収穫できてしまいます。
 
plantabarguy

グラスや瓶などを置けるカウンター部分は折りたたみ式。使わないときは畳んでしまえば、お庭の風景になじむプラントボックスに早変わり。レギュラーサイズは横幅2m40cmほどで、3〜4人はゆったり座れるよう。アルミ製の縁には錆止め加工が施されており、野外で雨が降っても心配ありません。
 
plantabar7
プランター部分は深さ25cmほど。付属の裏地を敷いてから、土と肥料を詰めていきます。下部に狭い隙間があり、そこから排水される仕組み。

商品は組み立て式ですが、ホームページに詳しい方法が掲載されているので、初心者でも安心。購入者の声からは、

家のデッキでサラダを食べるときに、エディブルフラワーやハーブを追加して、香りを加えているわ。組み立ても簡単だし、見た目も美しくてアートみたい!

など、ポジティブな感想が寄せられています。園芸を利用者にとって楽しく、身近なものにしたいという「Gardener’s Supply Company」の狙い通りのようですね。
 
plantabar-cocktail2

この「Plant-A-Bar」を開発した「Gardener’s Supply Company」は、環境、社会に配慮した運営を行う企業に与えられる「B-コーポレーション」認証企業。実はこの商品も、北アメリカの製材所で出た、良質な杉の木の余りを回収してつくられているのです。

このように、地球にやさしいものづくりを実践しているところも、「Plant-A-Bar」の魅力のひとつのようですね。
 
plantabar6

「Plant-A-Bar」は2サイズで展開されており、現在、レギュラーサイズは699ドル、幅が半分のミニサイズは549ドルで販売中ですが、残念ながら日本への発送は行っていないよう。

でも、自分で育てた植物の周りに親しい人たちと集えば、きっと楽しさもひとしお。外食もよいですが、時には自作の野菜や料理を持ち寄って、自宅の庭でパーティーをしてみませんか? より身近にお互いを感じられるかもしれません。

[Via Gardener’s Supply Company, Cool Things, inhabitat, Sustainable Japan]

(Text: 日南美鹿)

以外と簡単!みんなでナチュラルカクテルをつくってみませんか?
キナリノ・アロマ効果もうれしい♪ハーブを使ってつくるナチュラルカクテルのすすめ

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ