ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

1 month ago - 2016.08.17

SHARES  

ゲリラ豪雨によるずぶ濡れにサヨナラ! フランス発、自ら天気を予知できる”世界一賢い傘”「Oombrella」が誕生!

photo1

ビルの外に出てみたら、バケツをひっくり返したような雨。傘がなくて、駅までずぶ濡れで歩く羽目に…そんな経験ありませんか?

夕立の降る夏は、ただでさえ天候が不安定な季節。近年では、予測できない豪雨のことを「ゲリラ豪雨」と表現するようになり、すっかり定着してしまいました。

この時期は、常にかばんに傘を入れて出かけるという方も多いでしょうが、ついつい忘れてしまうことも。ゲリラ豪雨のたびに、ビニール傘を買っていたら、玄関に溜まってしまったという方もいるかもしれません。

いくら自然現象とはいえ、突然の雨でずぶ濡れになるのはもうこりごり…そんな人々の悩みに答える賢い傘を、フランスで見つけました。
 
photo2

今回ご紹介する、“世界一賢い傘”「oombrella」は、一見するとごく普通の傘。しかし、天気共有アプリ「wezzoo」と連携する仕組みになっており、雨の降り出しを予測すると、15分前には「降ります!」と、スマートフォンにプッシュ通知。

それでも気づかない人には、自ら傘のハンドル部分を光らせ、ブザー音まで発する安心の二重通知。この機能によって、ゲリラ豪雨による「ずぶ濡れ」は回避できそうです。
 
photo4
「15分後に雨が降ってくるわよ。私を連れてって!」

しかし、人間と傘の戦いはここから。電車の中で、寄り道先で、一瞬の晴れ間に油断して忘れてしまうのが傘というもの。この傘はBluetoothを駆使して、傘とスマートフォンの間に一定の距離が空いたら、傘の置き忘れをプッシュ通知。「置いてかないで!」と自らアピールしてくれます。

それでも置き忘れる人は、最後の接続地点がスマートフォンに記録されています。ちゃんと迎えに行ってあげましょう。
 
photo3

とはいえ、こんな夢のように賢い傘。一体、どうやって実現したのでしょう。

まず最初のポイントが、ソーシャルメディアとの連携。「oombrella」を開発したのは、天気共有アプリ「wezzoo」を提供するクリエイターチーム。アプリに集約された、世界各地のローカルな天気情報によって、15分以内に雨が予想される地域に対し「もうすぐ降ります!」とプッシュ通知することが可能になったのです。
 
photo5

傘というアナログなものと、デジタルなアプリを融合させたのは、柄の部分に内蔵された「電子カプセル」。

このカプセルは、アプリからのデータを受信するだけでなく、カプセル自体が計測した温度・気圧・湿度・光といった気象情報を、Bluetoothで送信することもでき、それらの情報がアプリに蓄積されていきます。このデータはまた、どこか別の場所にいる誰かが「ずぶ濡れ」になることを、防いでくれるわけです。
 
photo7

photo6

とはいえ、「コンピュータが内蔵された傘って、防水性・耐久性は大丈夫なの?」と心配になる方も、きっといらっしゃるでしょう。もちろん、「oombrella」は、傘としてのクオリティも充分。

まず、きらきらと輝く虹のような天蓋部分は、耐UV性と防風性に優れた特殊素材。骨の部分は、ケブラーという自動車の部品にも用いられる耐久素材を使用し、嵐や吹雪にも耐えうるといいます。そして柄の部分は完全防水のプラスチック製だから、電子カプセルに水が入り、壊れてしまう心配も無用。

oombrella」の気になる価格は、定価79ユーロ。コンビニで購入する傘と比べて割高感は否めませんが、長い間愛用することを考えれば、決して高すぎる価格ではないと思います。

憂鬱な雨の日をハッピーな日に

このように、賢くて綺麗で強さまでも兼ね備えた、夢のような傘「oombrella」は、IT・電子工学・工業デザインと、バックグラウンドの異なるチームが力を合わせた「夢の結晶」。

開発を終えたメンバーたちは、2016年3月にクラウドファンディングに挑戦し、商品化を人々に呼びかけました。やがて5月に目標額を達成。今年の10月には世界中の出資者に傘が届けられることになったのです。

CEOのClément Guillot(以下、クレメントさん)は、喜びをこう口にします。

傘とスマートデバイスの融合が実現でき、メンバーたちも興奮しています。
みんなで一緒に、憂鬱な雨の日をハッピーな日に変えていきましょう。

photo8
「憂鬱な雨の日を楽しくしたい」という素朴な想いのもと、各々の叡智を結集させた「oombrella」製作メンバーたち。中央がCEOのクレメントさん

wezzoo」というアプリは、まだまだ日本ではユーザーが少なく、ユーザーが増えない限り、情報の精度を向上させるのは難しいと言わざるを得ません。

しかし、メンバーたちの素朴な想いが「oombrella」というプロダクトを生み出し、クラウドファンディングで世界中に共感の輪を広めたように、アプリがもっと普及していくことになれば、突然の雨に濡らされて、憂鬱な一日を過ごすことにサヨナラできるかも?

[via inhabitat, indiegogo, drool’d, the bridge]

(Text: 松原裕香子)

ダウンロードしてみよう!
天気共有アプリ「wezzoo」

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ